マレーシアの人気スポット「国立モスク(マスジッド・ネガラ)」の巡り方

画像出典:Vladimir Zhoga/Shutterstock

マレーシアの人気スポット「国立モスク(マスジッド・ネガラ)」の巡り方

GoToキャンペーンバナー

マレーシアの首都・クアラルンプールの中心部にある国立モスク(マスジッド・ネガラ)は、最大で8,000人以上を収容できる大規模なモスクです。多民族国家であるマレーシアにはイスラム教徒のモスクが数多くありますが、その中でも国立モスクは最も有名なモスクの一つ。クアラルンプールを象徴する名所として、観光客にも人気があります。交通のアクセスが良く、市内観光の合間に立ち寄れるのも魅力でしょう。ここでは、国立モスクの見どころや観光情報についてご紹介していきます。

目次

マレーシアの人気スポット「国立モスク(マスジッド・ネガラ)」の巡り方

目次を閉じる

1.国立モスクについて

出典: Abdul Razak Latif/Shutterstock

国立モスクは1963年にマレーシアが独立を宣言し、その象徴として1965年に建立されました。正式名称を「マスジッド・ネガラ」といい、収容人数は8,000人以上と国内最大規模を誇ります。モスクの壁面には細密な幾何学模様の装飾がされ、礼拝堂の十八角形の屋根は鮮やかな青色に塗られており外観だけでも見ごたえ抜群。観光客に人気があるのも納得です。

2.装飾が施された美しいミナレット

出典: Pelikh Alexey/Shutterstock

ミナレットとは、イスラム教のモスクなどに見られる尖塔のこと。この高さ72mのミナレットは、1日5回のお祈り時間を呼びかける役割を担うほか、モスクの外観を飾る重要なパーツの一つでもあります。外壁と同じく幾何学模様の装飾が施されたミナレットは圧巻の美しさ。特に天気の良い日には青空に白亜の塔が映え、素晴らしい光景を写真に収めることができます。

3.鮮やかなブルーのドーム

出典: sally / PIXTA(ピクスタ)

一般的にモスクというと玉ねぎ型の屋根を持つ外観を想像しますが、国立モスクの礼拝堂の屋根は独特。傘を開いた形というのか星型というのか、とてもインパクトのある形をしています。十八角形の屋根はイスラム教の五行とマレーシアが保有する13の地方行政区分を象徴しているそうですよ。

鮮やかな青色に塗られた星型の屋根は、マレーシア国内に数あるエキゾチックなモスクとは一線を画し、近代的な印象を与えています。クアラルンプール近郊の有名なモスクにブルーモスクとピンクモスクがあるので、そちらと比較しつつ観光をするのもおすすめです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

クアラルンプールでおすすめの記事

クアラルンプールのアクセスランキング