ペナン島ジョージタウンで観光とグルメを満喫!厳選スポットをご紹介

画像出典:littlewormy/Shutterstock

ペナン島ジョージタウンで観光とグルメを満喫!厳選スポットをご紹介

ジョージタウンは、人口およそ60万人を誇るマレーシア第二の都市です。世界的にも有名なリゾート島・ペナンの中心部位置しており、様々な国の文化が混ざり合った独特な雰囲気で観光客を魅了しています。街中には、イギリス植民地時代の面影を色濃く残す教会や中華系移民が建てた色鮮やかな寺院、イスラム教のモスクなどが混在し、とにかく見どころが満載。別名「アートの街」とも呼ばれるジョージタウンでは、街歩きも外せません。それでは、ジョージタウンの見どころと観光情報についてご紹介していきましょう。

目次

ペナン島ジョージタウンで観光とグルメを満喫!厳選スポットをご紹介

目次を閉じる

1.ジョージタウンとは?

出典: sally/PIXTA(ピクスタ)

マラッカ海峡に近いことから、交通の要衝として栄えたペナン島。1786年にはイギリス海峡植民地の一つとなり、世界中から商人が集まる貿易都市へと発展していきました。その中心部であるジョージタウンには、イギリス統治時代の建築物をはじめ、イスラム系モスクや中国系寺院、ヒンドゥー寺院など様々な宗教施設が点在しており、異国情緒あふれる美しい景観を造りあげています。

2008年には、古都マラッカと共に「マラッカ海峡の古都群」としてユネスコ世界遺産に登録されたジョージタウン。その後、2012年にリトアニア人アーティストがウォールアートを手掛けたのをきっかけに、現在は街の至るところに壁画アートが見られ「アートの街」としても注目を浴びいています。

2.宗教のるつぼ「ハーモニーストリート」を歩く

出典: sally/PIXTA(ピクスタ)

ハーモニー・ストリートはジョージタウンの中心となる通りの通称で、正式名を「マスジット・カピタン・クリン・ストリート」といいます。イギリス統治時代に建てられた「セントジョージ教会」をはじめ、マレーシア最大級のインド系モスク「カピタン・クリン・モスク」やペナン島最古の中華系寺院「観音寺」など、観光名所が集まっているのが特徴です。

キリスト教、イスラム教、仏教、ヒンズー教と様々な宗教寺院が混在している珍しい光景こそが、まさにハーモニー・ストリートの見どころ。多民族国家マレーシアを象徴する場所といっても過言ではないかもしれません。

3.プラナカン文化に触れてみよう

出典: -Damian-/Flickr

「プラナカン」とは、東南アジア各地に存在する中華系移民の末裔のこと。ジョージタウンは特にプラナカンの割合が多く、今も華麗なプラナカン文化が根付いています。そんなプラナカンの歴史や暮らしぶりを見てみたい方は、チャーチ・ストリートにある「プラナカン・マンション」を訪れてみましょう。

ペパーミントグリーンの外観が印象的なプラナカン・マンションは、19世紀末に建造された富豪チュン・ケン・クエの元住居。館内には当時の家電や日用品に加え、晩餐会に使われていた豪華なダイニングセットや宝石など、計1万点以上の品々が展示され博物館として一般公開されています。

あわせて、お土産にぴったりなプラナカン雑貨も要チェック。パステルカラーと花柄模様が可愛らしい陶器や布地、ビーズの刺繍が施されたサンダルなど女性の心をくすぐるアイテムが目白押しです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ペナンでおすすめの記事

ペナンのアクセスランキング