マレーシア・コタキナバルから20分の南国リゾート!サピ島を徹底ガイド

画像出典:PocholoCalapre

マレー半島とフィリピンの中間に位置するボルネオ島は、手つかずの自然が残る人気の観光地です。そのボルネオ島から更に船に乗って辿り着くのが、今回ご紹介するサピ島。ボルネオ島はよく耳にする観光地ですが、サピ島はあまり馴染みがないかもしれません。珊瑚に囲まれ、透き通った綺麗な海と大自然の残るサピ島は、まさにみ南の国の楽園といったイメージがピッタリ。ボルネオ島を訪れたなら是非、足をのばしてみていただきたいサピ島の魅力をご紹介します。

[x] 閉じる

マレーシア・コタキナバルから20分の南国リゾート!サピ島を徹底ガイド:目次

1.サピ島ってどこ?

出典:Affendy Soeto/Shutterstock

サピ島は、マレーシアの人気観光地ボルネオ島の沖に浮かぶ離島です。マレーシアは首都のクアラルンプール周辺のマラッカなどが観光地として有名ですが、ボルネオ島はクアラルンプールとは雰囲気がガラリと変わり、大自然が残るリゾート地として自然を満喫したい旅人たちに人気。

ボルネオ島は日本からの直行便も出ていてアクセスしやすく、空港のあるボルネオ島の都市コタキナバルからサピ島までは船でわずか20分ほどです。ボルネオ島で綺麗なビーチを満喫したい方は是非サピ島へ足をのばしてみましょう!

2.サピ島へのアクセス方法

出典:jyapa/PIXTA(ピクスタ)

サピ島までのアクセス方法をご紹介します。ボルネオ島の都市コタキナバルには「ジュッセルトンポイント」という船着き場があり、サピ島行きの船も毎日出航しています。料金は30リンギット(日本円で約790円)で、15分から20分ほどでサピ島にアクセスできますよ。フェリーは、8:30~17:00頃までなので、利用する場合は帰りの時間を確認してくださいね。

また、コタキナバルの人気ホテル「シャングリ・ラ タンジュンアルリゾート」からは宿泊者専用のボート乗り場からサピ島行きのボートが出ています。サピ島行きのボートは波の加減によって激しく揺れることもあるので、船酔いしやすい方はご注意ください。

3.種類豊富なマリンアクティビティ

出典:LUQMAN ABU HASSAN/Shutterstock

サピ島では、綺麗な海を満喫できるマリンアクティビティがたくさん用意されています。ボルネオ島からわずか20分の距離で、海の透明度は対岸のボルネオ島とは比べ物にならないくらいなので、まずはシュノーケリングでサピ島の海を満喫してみてください。フィンなどは島のビジターズカウンターにてレンタルできます。

さらに定番のバナナボートやジェットスキーに加え、ヘルメットをかぶって海中を歩くシーウォークや空気が送られてくるヘルメット付きの水中スクーター・スキューバードゥーなど、泳ぎに自信のない方でも海を満喫できるアクティビティがそろっているので安心。波打ち際のすぐそばにかわいい魚が泳いでいるので、小さなお子さま連れのファミリーでも楽しめるのがサピ島の魅力です。

4.トレッキングも楽しめる

出典:ISO8000/PIXTA(ピクスタ)

サピ島は小さな島なので、島一周クルッと歩いて散策できますよ。ゆっくりと歩いても1時間ほどで島内のトレッキングコースをまわれるので、マリンアクティビティの合間などに気軽に散策してみてください。

島には亜熱帯の珍しい植物がたくさん自生しているので見どころ満載。サピ島は綺麗なビーチと手つかずの自然が残る陸地の両方を楽しめるリゾートアイランドです。

5.サピ島に生息する動物

出典:feathercollector/PIXTA(ピクスタ)

サピ島には海・陸共に様々な生き物が生息しています。海には珊瑚や美しい熱帯魚たち、そしてサピ島に生息する生き物の中でも是非見てみたいのがオオトカゲです。中には体長1mから2mほどのトカゲも生息しているというから驚きですよね。

実際に見ることができたらラッキー!ですが、野生動物で危険もあるのであまり近付いたりしないように気を付けてくださいね。

6.おすすめの観光時間帯

出典:Lawrence_Chung/Shutterstock

サピ島ではマリンアクティビティやトレッキングをして一日楽しめるので、島へ渡るのは午前中の早い時間がおすすめ。せっかく離島へ渡るならのんびりと時間を気にせず楽しみたいですよね。

日中は、アクティビティを満喫し、サンセットの時間帯はのんびり眺めながら過ごしてみてはいかがでしょうか。コタキナバルからのフェリーを利用される方は時間が難しいので、ツアーに参加するかボートで送迎付きの周辺のホテルに宿泊することをおすすめします。

◎マヌカン島もおすすめ

コタキナバルには、サピ島を含めて5つの離島があり、まとめて「トゥンク・アブドゥル・ラーマン国立海洋公園」と呼ばれています。その中の一つ、マヌカン島はサピ島に比べ観光客が少なめです。よりのんびりと過ごしたい方は、マヌカン島を訪れるのもおすすめ。サピ島同様、マヌカン島もコタキナバルからボートで15分から20分ほどでアクセスでき、日帰りで楽しめます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

マレーシアでおすすめの記事

マレーシアのアクセスランキング