ジョホールバル観光で訪れるべき「アブ・バカール・モスク」の魅力とは?

画像出典:kokkai

ジョホールバル観光で訪れるべき「アブ・バカール・モスク」の魅力とは?

シンガポールからジョホール海峡を挟んだ向かい側にあるマレーシアのジョホールバル。首都クアラルンプールに次ぐ第2の都市でもあるジョホールバルには、マレーシアで最も美しいと称される「アブ・バカール・モスク」があります。白い壁に青い屋根が美しいアブ・バカール・モスクは、ジョホールバルのみならずシンガポール観光でも人気のスポット。今回は、そんなアブ・バカール・モスクの見どころと魅力についてお伝えいたします。

目次

ジョホールバル観光で訪れるべき「アブ・バカール・モスク」の魅力とは?

目次を閉じる

1.アブ・バカール・モスクとは?

出典: Ikhwan Aris/Shutterstock

アブ・バカール・モスクは、正式名称を「スルタン・アブ・バカール・モスク」といいます。19世紀後半のジョホール王国のスルタン(国王)であったアブ・バカールによって1882年に建設が開始され、およそ8年の歳月をかけて1900年に完成しました。

アブ・バカールは、周辺のアジア諸地域が西洋列強によって植民地化されていく中で、王国の自立を守り抜いた名君主。ジョホールバルが港湾都市として大いに発展したことに因んで、「近代ジョホールの父」とも呼ばれています。

残念ながらアブ・バカール本人は1886年に亡くなったため、完成した「アブ・バカール・モスク」の姿を見ることができませんでした。それでも、ジョホールバルの丘の上にそびえる荘厳なこのモスクは、ジョホール近代化の生き証人として、また、街のシンボルとして人々に愛され続けています。

2.マレーシアで最も美しいと称される外観

出典: suronin/Shutterstock

アブ・バカール・モスクは、マレーシアで最も美しく魅力的なモスクの一つとして知られています。白亜の壁に青い屋根瓦の葺かれた建物は、一見するとモスクとは思えないかもしれません。これは、当時すでにシンガポールを植民地化していたイギリスのビクトリア様式を模倣したもの。四方に建つミナレット(尖塔)は、19世紀イギリスの時計塔に似せてデザインされています。

美しい外観で人々を魅了するアブ・バカール・モスクですが、実は内装にもこだわっているんですよ。資材どれをとっても1級品ばかりで、床の大理石はヨーロッパから、絨毯はタイから、クリスタルのシャンデリアからトルコから仕入れたものなのだとか。ぜひチェックしてみてくださいね。

3.高台からの景色

出典: Sanatana/Shutterstock

アブ・バカール・モスクの建つ丘の上からは、ジョホール海峡越しにシンガポール島を見渡すことができます。橋を渡ればもう別の国というのは、日本では実感できない貴重な景色。ここからの景色もまた、アブ・バカール・モスクの魅力といえるでしょう。

ジョホールバルはクアラルンプールに比べ観光客が少ないので、海や対岸のシンガポールを眺めながらのんびりした時間を過ごせますよ。2つの国を同時に写真に収めるというのも、話題性があって面白いかもしれませんね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ジョホールバルでおすすめの記事

ジョホールバルのアクセスランキング