クアラルンプールの夜景スポット「ペトロナス・ツインタワー」を完全ガイド!

画像出典:Nikada

クアラルンプールの夜景スポット「ペトロナス・ツインタワー」を完全ガイド!

マレーシアの人気観光都市クアラルンプールには様々な見どころがありますが、その中で最も人気の夜景観賞スポットが「ペトロナス・ツインタワー」です。展望台から見える日中の街並みも素晴らしいですが、美しい夜景は観光客を魅了して止みません。目覚ましく発展する首都クアラルンプールを象徴するかのようにそびえるペトロナス・ツインタワー。この記事では、ペトロナス・ツインタワーの見どころや観光情報について詳しくご紹介していきます。

目次

クアラルンプールの夜景スポット「ペトロナス・ツインタワー」を完全ガイド!

目次を閉じる

1.ペトロナス・ツインタワーとは?

出典: loveguli

1998年に完成したペトロナス・ツインタワーは、高さ452mを誇る超高層ビルです。2003年まで5年間にわたって世界一の高さを誇っていましたが、「台北101」が完成すると同時にその座を譲ってしまいました。
とはいえ、ツインタワーとしては現在も高さ世界一。モスクを彷彿させる二本の尖塔が印象的です。

このペトロナス・ツインタワーの建設には、なんと日本企業も携わっています。タワー1を日本企業が、タワー2を韓国企業が建設し、41階と42階部分に架けられたスカイブリッジはフランス企業によって建てられました。タワーと隣接するかたちでショッピングモールも併設されているので、景色だけじゃなくなく買い物やグルメも楽しめます。

2.日本が世界に誇る建築技術

出典: Jinward / PIXTA(ピクスタ)

「タワー1」を建設したのは、日本の大手建設会社である株式会社間組(ハザマグミ)です。日本国内で黒部ダムや青函トンネルなどを手掛けたハザマ組の優れた建築技術が、ペトロナス・ツインタワー建設の際にも発揮されています。1平方cm当たり800kgの重さに耐えることのできる高強度コンクリートの開発など、日本が世界に誇る建築技術があったからこそ竣工できたと言っても過言ではないでしょう。

3.塔を結ぶ「スカイブリッジ」と展望台

出典: tampatra

二棟のビルを結ぶ天空の渡り廊下「スカイブリッジ」は、41階と42階部分にあります。両面がガラス張りであることから、まるで空中に浮いているかのような状態で街の全景を見渡すことが可能。地上170mの空中散歩は気分爽快ですが、高所恐怖症の方は足がすくんでしまうので要注意です。

さらに、86階部分には地上370mの展望台があり、クアラルンプールの街並みをジオラマのように眺めることができます。ちなみに、スカイブリッジ及び展望台は15分毎の入替制で有料。かなり混雑することが予想されるので、事前に公式ホームページから予約しておくことをおすすめします。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

クアラルンプールでおすすめの記事

クアラルンプールのアクセスランキング