独眼竜こと伊達政宗公の廟所!瑞鳳殿の観光の見どころを徹底解説します

画像出典:m.Taira / PIXTA(ピクスタ)

独眼竜こと伊達政宗公の廟所!瑞鳳殿の観光の見どころを徹底解説します

戦国大名のなかでも人気の高い伊達政宗が眠る「瑞鳳殿(ずいほうでん)」は、仙台の定番観光スポットの1つです。独眼竜の異名をもち、今日の仙台の基礎を築き上げた政宗の廟所は、「霊屋(おたまや)」と呼ばれ地元でも親しまれています。周辺には仙台の下町風情も残り、広瀬川を眺めながらの散策も楽しいですよ。今回は、そんな仙台の観光名所瑞鳳殿の見どころをご紹介します。

目次

独眼竜こと伊達政宗公の廟所!瑞鳳殿の観光の見どころを徹底解説します

目次を閉じる

1. 瑞鳳殿(ずいほうでん)とは

出典: m.Taira / PIXTA(ピクスタ)

瑞鳳殿は、政宗が築いた青葉城の東側、三方を広瀬川に囲まれた静かな丘にあります。寛永13年(1636)に亡くなった政宗は、当時経ヶ峰と呼ばれていたこの地に葬るよう遺言しました。

その後、2代藩主忠宗の感仙殿、3代藩主綱宗の善応殿と相次いで廟所が造営され、4代目以降はさらに南東の大年寺山に葬られるようになりました。ただし、9代藩主周宗と11代藩主斉義および斉義夫人は、瑞鳳殿の近くに建てられた妙雲界廟を墓所としています。

昭和6年(1931)には瑞鳳殿が国宝に指定されましたが、太平洋戦争末期の仙台空襲で感仙殿・善応殿ともども焼失してしまいました。戦後、昭和54~59年(1979~84)にかけて、3殿とも順次再建され、現在に至っています。

2. 豪華絢爛な政宗の廟所

出典: m.Taira / PIXTA(ピクスタ)

伊達者と呼ばれ、世人の意表を衝くことを好んだ政宗らしく、瑞鳳殿は実に豪華絢爛です。桃山文化の流れを汲み、日光東照宮を思わせるような鮮やかな色遣いと装飾に、思わずため息が出てしまいます。

平成13年(2001)には大規模な改修が行われ、その際に柱の彫刻獅子頭や屋根の竜頭瓦を復元。創建当時の姿がほぼ甦りました。瑞鳳殿は青葉城の本丸がある西を向いて建てられていて、今も仙台の繁栄を見守っています。

3. 感仙殿(かんせんでん)

出典: isana / PIXTA(ピクスタ)

「感仙殿(かんせんでん)」は、政宗の嫡男で仙台藩2代藩主の伊達忠宗の霊屋です。政宗の影に隠れてあまり目立ちませんが、父親の後を引き継いで仙台藩の地盤を固めたことから、忠宗は「守成の名君」と評されています。

瑞鳳殿ほどではありませんが、感仙殿も桃山調のとてもきらびやかな造り。瑞鳳殿と向かい合うようにして建ち、扉には伊達家の家紋「竹に雀」と「九曜」が掲げられています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

仙台でおすすめの記事

仙台のアクセスランキング