最も高い所にある現存天守!天空の備中松山城でおすすめの観光スポット!

画像出典:Anesthesia / PIXTA(ピクスタ)

最も高い所にある現存天守!天空の備中松山城でおすすめの観光スポット!

備中松山城は、岡山県西部の高梁市(たかはしし)にあるお城です。日本に現存する12基のなかで、最も高所に建つ天守で有することで知られています。近年、兵庫県の竹田城跡を嚆矢として雲海に浮かぶ天空の城が人気ですが、標高約430mの備中松山城もそのうちの1つ!また高梁川沿いの城下町にも見どころがいろいろあります。今回は、そんな備中松山城観光のポイントやおすすめ情報などについてご紹介します。

目次

最も高い所にある現存天守!天空の備中松山城でおすすめの観光スポット!

目次を閉じる

1. 備中松山城の歴史

出典: みつき / PIXTA(ピクスタ)

備中松山城の歴史は、延応2年(1240)に地頭の秋庭重信が臥牛山に城砦を築いたことに始まるとされています。当初の本丸は、今より高い大松山にありましたが、戦国時代の末から江戸時代の初めごろに、現在天守のある小松山に城の中心が移されました。

江戸時代の前期には城主家が目まぐるしく変わりましたが、延享元年(1744)以降は、譜代の板倉家が備中松山藩主となり、明治維新まで続きました。現在の天守は、天和三年(1683)に当時の藩主水谷勝宗によって完成されとされています。

ですが、平和な江戸時代には、険しい山の上のお城はもはや不便なだけでした。藩主をはじめほとんどの武士は麓の屋敷に住み、政務などを行っていました。明治維新によって多くのお城は取り壊されましたが、備中松山城はその不便さのために放置されて、今日まで山の上の天守が残る結果となったのです。

2. 珍しい2層2階の現存天守

出典: hayakato / PIXTA(ピクスタ)

備中松山城の見どころはやはり天守です。とはいえ2層2階ととても小ぶりで、その小ささが逆に珍しい特徴となっています。

もう1つ注目してほしいのが、天守1階にある囲炉裏です。天守は基本的に「見せる」建物で、一般に居住を意識した設備はあまりありません。なので、生活感の漂う囲炉裏の雰囲気に、お城の天守ではなく庄屋さんの家か何かに来てしまったような気分になってしまうかもしれません。

2階には、「御社壇(ごしゃだん)」と呼ばれる9柱の神を祀った祭壇があります。ここもまた、他の現存天守を見慣れている人には不思議に思われるかもしれませんね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の高梁行き格安航空券

高梁でおすすめの記事

高梁のアクセスランキング