岡山県に残る巨大な古代山城!日本100名城の1つ「鬼ノ城」の観光案内

画像出典:papa88 / PIXTA(ピクスタ)

岡山県に残る巨大な古代山城!日本100名城の1つ「鬼ノ城」の観光案内

鬼ノ城(きのじょう)は、岡山市の隣の総社市(そうじゃし)にある巨大な古代の山城です。古文書にも出てこない謎めいた城跡ですが、なんとあの桃太郎伝説の元になった場所ではないかとも考えられているんですよ。発掘調査や史跡公園整備が進み、城門や角楼、水門など多くの観光の見どころがあります。今回は、岡山で注目の観光スポット鬼ノ城の魅力や便利情報などをご紹介します。

目次

岡山県に残る巨大な古代山城!日本100名城の1つ「鬼ノ城」の観光案内

目次を閉じる

1. 桃太郎の鬼ヶ島と関係があるとされる鬼ノ城とは

出典: papa88 / PIXTA(ピクスタ)

「鬼ノ城」は、総社市北部にそびえる標高約400mの鬼城山にあります。歴史史料には見られない謎の城ですが、発掘調査の結果から7~8世紀の短期間に存在したと考えられています。

当時、日本は663年の白村江(はくすきのえ)の戦いに敗れ、唐と新羅が攻めてくるかもしれないという緊張状態にありました。これに備えて、西日本の各地に朝鮮式山城という形式の山城が築かれました。鬼ノ城も、城壁で山や谷を大きく囲む朝鮮式山城の形式に則っているため、これらの城の1つとみられています。

また総社市は、桃太郎のモチーフとされる「吉備津彦命(きびつひこのみこと)」の本拠地であることから、鬼ノ城も鬼ヶ島のモデルとされています。いわく、鬼ノ城には温羅(うら)と呼ばれる鬼が住んでいて、吉備津彦命がこれを討ったとするものです。

2. 鬼ノ城の4つの城門

出典: YB1998 / PIXTA(ピクスタ)

鬼ノ城には、東西南北の4つの城門がありました。4つとも、発掘により掘立柱(ほったてばしら)形式だったことが明らかになっています。現在は4つのうち西門が復元され、観光の目玉となっています。間口は3間(12.3メートル)あり、扉は内開き。見慣れた日本のお城とはだいぶ違った雰囲気を漂わせています。

東門は柱の数などが西門などと異なり、南門は西門より門扉の柱が少し小さいのが特徴です。残る北門は規模が小さいものの、床面に敷石が成されています。4つの城門にはそれぞれ役割があり、意図的に違った特徴を持たせているのでしょう。1周約2.8kmあるので4つ全部を見学するのはなかなか難しいですが、ぜひ2つ以上は実際に見て、違いを感じてみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の総社行き格安航空券

総社でおすすめの記事

総社のアクセスランキング