東山慈照寺「銀閣寺」の魅力と歴史、わび・さびの世界観をわかりやすく解説

画像出典:www.shutterstock.com

東山慈照寺「銀閣寺」の魅力と歴史、わび・さびの世界観をわかりやすく解説

観光名所の多い京都の中でも、落ち着いた佇まいの「銀閣寺」は、雅やかな金閣寺と並んで外せないスポットのひとつです。金閣寺なら黄金色に輝く建物をイメージできますが、銀閣寺はいかがですか?どうしても金閣寺のインパクトに隠れがちですが、銀閣寺には深い歴史とストーリーがあります。それらを知った上で観光すると、きっと違った印象と見方になるはずです。今や世界的に知られるようになった「わび」「さび」の世界観を色濃く表現している慈照寺銀閣。今回は世界遺産にも選ばれている銀閣寺の魅力について、特徴や見どころ、アクセス、耳より情報などをご紹介。京都観光を予定している方には必見ですよ!

目次

東山慈照寺「銀閣寺」の魅力と歴史、わび・さびの世界観をわかりやすく解説

目次を閉じる

1.足利義政と東山慈照寺「銀閣寺」

出典: www.shutterstock.com

室町幕府第6代将軍だった足利義教と日野重子のもとに生まれたのが、足利義政です。父の暗殺と兄の早世により、1449年(文安6年)4月29日、元服を迎えた義政は正式に第8代将軍として就任しました。

しかし、細川勝元と山名宗全による東西に分かれた勢力争い、義政の後継者争いを巡って、有名な「応仁の乱」が起こります。この大乱によって京の都は、約11年もの長い間、混乱状態が続きました。

義政は、焼けてしまった浄土寺の跡地に金閣にならって「東山殿(東山山荘)」を造営。隠やかに生活したいと願う義政の気持ちを反映するかのように、東山殿は都に背を向けて建てられています。しかし残念ながら義政は、この東山殿の完成を見ることなくこの世を去ってしまいました。

東山殿は後に銀閣寺と呼ばれますが、義政公の法号である慈照院から名付けられた「東山慈照寺(じしょうじ)」が正式名です。そんな背景を鑑みながら、銀閣寺の見どころ、文化人として知られる義政にも焦点を当てて拝観してみましょう。

2.「銀閣」なのに、なぜ銀じゃない?

出典: ja.wikipedia.org

金閣寺は派手できらびやかな金箔でおおわれています。それに対して銀色を全く感じさせない銀閣寺。「銀色じゃないのに、なぜ銀閣寺って言うんだろう・・・?」そう思っている方も多いのではないでしょうか。

いくつか諸説はありますが、そのひとつとして有力なのは、北山文化の中心をなした北山殿、通称「金閣寺」に対比させて、東山文化の中心をなした東山殿を「銀閣寺」と呼ぶようになったという説です。

木造2階建ての楼閣建築、いわゆる銀閣は「慈照寺(じしょうじ)」の観音殿。ちなみに金閣は「鹿苑寺(ろくおんじ)」の舎利殿ですが、寺院全体を金閣寺とわかりやすく呼んでいます。

3.銀閣が京都市街地に背を向けている理由

出典: www.shutterstock.com

銀閣寺の総門をくぐってから中門までの参道は、大刈込の竹垣が特徴。「銀閣寺垣」と呼ばれるクランク状の参道を歩くにつれ、少しずつ俗世から銀閣寺の世界へいざなわれていくような気がする不思議な空間です。

出典: www.shutterstock.com

銀閣を注意深く見てみると、1階の縁側は東を向いています。西側にある京都市街地に背を向けるかのように、反対方向を向いているんです。なぜ東向きに銀閣は建っているのでしょうか。実はそこに、義政の苦悩を垣間見ることができます。

室町幕府第8代将軍だった義政には後継ぎがなかったため、弟の義視(よしみ)を養子とし、将軍職を譲ることになっていました。しかし、息子の義尚(よしひさ)が生まれたことにより、跡継ぎ問題が急浮上!この将軍職を巡る争いが、戦国時代の幕開けとも言われている「応仁の乱」です。京都を戦場に約11年も続いた応仁の乱により、京の都はほとんど焼けてしまいました。さらに正室である日野富子の実家まで介入。すでに将軍としての力が弱かった義政の政治力はますます低下し、乱を止めることができませんでした。

京の都が焼け、政治も上手くいかない義政は、現実逃避するように隠居先として東山山荘を建てました。都に背を向けた銀閣の姿は、義政の「もう京の都を見たくない」という気持ちの表れではないでしょうか。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

京都市でおすすめの記事

京都市のアクセスランキング