石清水八幡宮で厄除ご利益!男山ケーブルカーで「やわたのはちまんさん」へ

画像出典:石清水八幡宮

石清水八幡宮で厄除ご利益!男山ケーブルカーで「やわたのはちまんさん」へ

日本三大八幡宮のひとつである「石清水八幡宮」は、大阪府に隣接する京都府八幡市、男山にある神社。木津川・宇治川・桂川が合流する場所の南側に位置しています。新しいピカピカのケーブルカーに乗って、景色を見ながら男山の山上へ。開運厄除、心願成就、学業成就、勝運などの御利益がある石清水八幡宮は、パワースポットとしても人気があります。本殿をはじめ多くの国宝や重要文化財、ぜひチェックしておきたい観光ポイントを厳選してご紹介。駐車場、最寄り駅からのアクセス、御朱印やお守りなど特徴的な授与品にも注目です!

目次

石清水八幡宮で厄除ご利益!男山ケーブルカーで「やわたのはちまんさん」へ

目次を閉じる

1.石清水八幡宮とは?

日本に40000社以上ある八幡宮のなかで、「石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)」は日本三大八幡宮の1つに数えられる官幣大社です。本社10棟、附棟札3枚が国宝に指定されているほか、摂社若宮社本殿や石清水八幡宮五輪塔など、重要文化財も多数有しています。

歴代朝廷との関係が深かったことから、毎年9月15日に「石清水祭」と呼ばれる「勅祭(ちょくさい)」を開催。天皇の使者である勅使を派遣して行われる勅祭は、日本国内の数ある神社の中でも珍しいお祭りです。

2.石清水八幡宮がある場所って?

出典: shimanto / PIXTA(ピクスタ)

石清水八幡宮があるのは、羽柴秀吉が明智光秀を討った「山崎の戦い」や、勝敗の分かれ目で引用される「天王山(てんのうざん)」など、歴史的に有名な山崎の南というロケーション。宇治川と木津川の間の「背割堤の桜」が美しい自然が豊かな場所です。

また周辺は、名前のとおり名水で知られるエリア。サントリーの山崎蒸留所、JR山崎駅に近くには石清水八幡宮の元社である「離宮八幡宮」もあります。

このように多方面に渡る魅力を持つ一帯の別の側面は、交通の要所であるということ。京都府と大阪府の境界で、大山崎インターチェンジ、名神高速道路・京滋バイパス・京都縦貫自動車道が交わる大山崎ジャンクションがあり、東海道新幹線も走っています。川の右岸をJRと阪急電車、左岸には京阪電車が通っていて、鉄道でも車でもアクセス至便。そんなエリアにある石清水八幡宮は、さまざまな交通手段を利用できて、多様な観光を楽しめる場所にあります。

3.男山ケーブル&徒歩で参拝

石清水八幡宮へ鉄道でアクセスするときには、京阪電車本線の「八幡市駅」が玄関口。石清水八幡宮の上院へは、男山ケーブルで行くことができます。

2019年(令和元年)6月19日、男山ケーブルは車両をメタリックな赤銅色の「あかね」号と、黄銅色の「こがね」号にリニューアルしました!シンボルマークには、鳩と「流れ左三つ巴」の御神紋をオマージュ。

ケーブルカーなら山上まで約3分とラクに行ける上、車窓からキレイな景色を見ることができておすすめですよ。

もちろん、男山ケーブルに乗らずに徒歩での参拝もOK。山上にある石清水八幡宮の上院まで、歩いて約30分です。ケーブルカーの運賃は片道200円、往復400円なので、往路はケーブルカー、下りは歩いても良いでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

八幡でおすすめの記事

八幡のアクセスランキング