2019年版 沖縄海洋博公園の楽しみ方|美ら海水族館だけで帰っちゃう?

画像出典:Job Design Photography / PIXTA(ピクスタ)

2019年版 沖縄海洋博公園の楽しみ方|美ら海水族館だけで帰っちゃう?

目次

2019年版 沖縄海洋博公園の楽しみ方|美ら海水族館だけで帰っちゃう?

目次を閉じる

5.「熱帯ドリームセンター」ラン温室と果樹温室のフラワーガイドツアー

出典: hide0225 / PIXTA(ピクスタ)

「熱帯ドリームセンター」は、6ヘクタールにも及ぶ植物園。熱帯・亜熱帯に生育する草花や果実などに包まれた熱帯の楽園を、1時間ほどでグルっと回って観賞できる施設です。通年ランが咲き誇る施設内の「ラン温室」は、花の香りと美しさに包まれます。

毎日2回開催されるフラワーガイドツアーは、施設内で観賞できる珍しい花や果実などを専門スタッフがわかりやすく解説してくれるおすすめのイベント。花が好きな人はぜひ参加してみてください。

巻貝のようなユニークな形状の建物は、熱帯ドリームセンターのシンボル「遠見台」です。高さ約36mの遠見台から熱帯ドリームセンターはもちろん、海洋博公園や青い海を眺望できます。内部のカラフルなステンドグラスにも注目!

6.「熱帯・亜熱帯都市緑化植物園」植物クラフトを作ろう

「熱帯・亜熱帯都市緑化植物園」は、自然に囲まれた植物園。400種以上の植物が観賞できるほか、広い土地を活かしたグラウンド・ゴルフが無料でできたり、植物のクラフトづくりが体験できたり、家族や友達同士でも楽しめます。海洋博公園の南西端エリアにあるため訪れる人は少なめで、のんびり過ごしたい方におすすめですよ。

7.「エメラルドビーチ・海岸遊歩道」美しいビーチで遊泳、散策を楽しむ

出典: denkei / PIXTA(ピクスタ)

沖縄と聞いたら「海」を想像する人が多いのではないでしょうか。海洋博公園には「エメラルドビーチ」という美しいビーチがあり、海水浴や景色を見るのに最適です。

エメラルドビーチでの遊泳期間は4月~10月。Y字型になったビーチの目前には大海原が広がっていて、約3000人が海水浴ができる規模です。コバルトブルーの海と真っ白な砂浜のコントラストが美しいエメラルドビーチで、海水浴を楽しみましょう。大海原を眺めながら散歩できる「海岸遊歩道」を歩くのもおすすめですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

国頭村でおすすめの記事

国頭村のアクセスランキング