2019年版 沖縄海洋博公園の楽しみ方|美ら海水族館だけで帰っちゃう?

画像出典:Job Design Photography / PIXTA(ピクスタ)

2019年版 沖縄海洋博公園の楽しみ方|美ら海水族館だけで帰っちゃう?

目次

2019年版 沖縄海洋博公園の楽しみ方|美ら海水族館だけで帰っちゃう?

目次を閉じる

2.「オキちゃん劇場」イルカショー&スタッフ日替わり裏話

出典: ja.wikipedia.org

沖縄美ら海水族館から歩いてすぐのところに「オキちゃん劇場」があります。

出典: www.shutterstock.com

オキちゃん劇場では、チームワーク良く数々のパフォーマンスを披露してくれるイルカショーを無料で楽しめるとあって、沖縄海洋公園に訪れたらぜひ寄りたい人気スポットです。

さらに、イルカのからだの仕組みや裏話なども聞ける「イルカふれあい体験」も無料!イルカふれあい体験の申し込みはWEBからできますが、予約はすぐに埋まってしまうので早めの予約がオススメです。

3.「海洋文化館」海洋民族の歴史を知り、プラネタリウムで癒されよう

中央ゲートを入ってすぐのところにある「海洋文化館」は、太平洋地域に住む民族の歴史や文化を紹介する施設です。エントランスには沖縄海洋博で展示された大きなダブルカヌーを展示。オセアニアゾーン、航海ゾーン、沖縄ゾーン、交流ゾーンなど、テーマ別に紹介・展示・体験できるようになっています。海を越えて新天地を求めた民族の歴史が、展示されている約750点の貴重な資料から知ることができて興味深いですよ。

そして、海洋文化館のイチオシは「プラネタリウム」。併設されたプラネタリウムでは、1億4千万個もの星が輝く美しい星空を眺めることができます。1本30分ほどのプログラムを複数、順に繰り返して上映しており、タイムスケジュールはWEBサイトで確認OK。スクリーンいっぱいに広がる満天の星は、忙しい毎日に疲れた方の心を癒してくれるでしょう。

4.「おきなわ郷土村」三線演奏と昔のおきなわ生活を体験しよう

「おきなわ郷土村」は、17~19世紀頃の琉球王国時代の村落を再現したテーマパーク。毎日無料で開催されている「昔のおきなわ生活体験」では、沖縄の伝統楽器である三線の演奏や伝統的な踊りなどを体験できます。

おきなわ郷土村内にある「おもろ植物園」には、沖縄最古の歌謡集「おもろさうし」でうたわれている植物の中から、沖縄に現在生息している22種類を観賞することができます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

国頭村でおすすめの記事

国頭村のアクセスランキング