アートで注目の京都「岡崎」。美術館とオシャレスポットを観光散歩

画像出典:soulman / PIXTA(ピクスタ)

アートで注目の京都「岡崎」。美術館とオシャレスポットを観光散歩

目次

アートで注目の京都「岡崎」。美術館とオシャレスポットを観光散歩

目次を閉じる

7.京都観世会館

「能」と「狂言」はユネスコの無形文化遺産に登録されているのですが、見る機会はなかなかありませんよね?ちょっと敷居が高い能や狂言の公演を、気軽に鑑賞できる能楽堂が岡崎にあります。京都国立近代美術館の向かい側、琵琶湖疎水を挟んだ南側にある「京都観世会館」は、京都市民に長年親しまれている能楽堂。有料公演だけでなく無料公演もあるので、スケジュールをチェックしてぜひ立ち寄ってみてください。

2階には、能装束、舞台で使われる小道具などを展示。喫茶やお食事処、売店もあります。築年数50年を超える能楽拠点である京都観世会館で、京都の伝統芸能を体感してみましょう。

8.ロームシアター京都

出典: ja.wikipedia.org

京都を代表するコンサートホールだった「京都会館」が2016年にリニューアルオープンし、「ロームシアター京都」として生まれ変わりました。ロームシアター京都には、コンサートやオペラ、ミュージカルなど総合舞台芸術の公演に対応できる約2000席のメインホールと、約700席のサウスホール、約200人収容可能なノースホールがあり、多彩なプログラムを実施しています。

そんなロームシアター京都が注目されるもうひとつの理由は、オシャレすぎる空間の「パークプラザ」。1階の「京都岡崎 蔦屋書店 スターバックスコーヒー ブック&カフェ」と3階の「BOOK & ART GALLERIA」はイチオシ!ぜひ足を運んでみてください。2階のカフェ&レストラン「京都モダンテラス」もオススメです。

9.無鄰菴(むりんあん)

出典: shira / PIXTA(ピクスタ)

国指定名勝の「無鄰菴(むりんあん)」は、山縣有朋(やまがたありとも)の別荘です。南禅寺界隈は琵琶湖疎水の恩恵で歴史ある立派な別荘が多いことで知られていますが、そのほとんどは非公開。その中で公開されている無鄰菴はとても貴重なので、ぜひ岡崎の観光プランにぜひ入れてみてください。

無鄰菴の庭園は、七代目小川治兵衛が作庭を担当。山縣有朋が伊藤博文、桂太郎、小村寿太郎らと戦争について話し合った「無鄰菴会議」は、ここ無鄰菴で行われました。洋館2階の会議が行われた部屋は、当時のまま保存されていて見学できます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

京都市でおすすめの記事

京都市のアクセスランキング