アートで注目の京都「岡崎」。美術館とオシャレスポットを観光散歩

画像出典:soulman / PIXTA(ピクスタ)

アートで注目の京都「岡崎」。美術館とオシャレスポットを観光散歩

「岡崎」と呼ばれる京都市東部の平安神宮一帯は、美術館が集まったアート&カルチャーで人気のエリア。このコンパクトな岡崎エリアの中で、多彩なアートを観賞し、京都の伝統産業や能楽などの文化にふれることができます。琵琶湖疎水沿いや公園を散歩したり、動物園で遊んだり。さらには平安神宮や南禅寺など、京都の観光名所まで巡れるのが岡崎エリアの魅力です。観光の休憩には、美術館のカフェや、オシャレなパークプラザがおすすめ。そんなアートの街、京都・岡崎エリアの見どころと最新情報をご紹介します。

目次

アートで注目の京都「岡崎」。美術館とオシャレスポットを観光散歩

目次を閉じる

1.岡崎エリアの中心ブロック、各施設の位置関係を見てみよう!

出典: Vertical / PIXTA(ピクスタ)

岡崎エリアの場所はざっくりいうと、鴨川より東、銀閣寺と祇園の間あたりです。画像は、岡崎エリア中心部の空撮写真。まずはこの写真を見ながら、主要スポットや施設の場所や位置関係を確認してみましょう。

画像上部、森のような緑の部分は平安神宮。中央を南北に通っているのが神宮道(じんぐうみち)で、朱色が鮮やかな平安神宮の大鳥居が目立っています。大鳥居の右側、緑色の屋根が京都市京セラ美術館、大鳥居の左側手前の建物が京都国立近代美術館。その左の大きな正方形の建物は「京都市勧業館みやこめっせ」です。正方形の京都市勧業館の北に、複数の建物が集まっている場所が見えます。ここに京都ロームシアター、パークプラザ、ロームスクエア、京都市美術館の別館があります。

出典: pixta.jp

また岡崎エリアには、京都市の水源である琵琶湖疎水が流れています。空撮写真の京都ロームシアターや京都市勧業館の西側、京都国立近代美術館と京都市京セラ美術館の南側に流れる、川のように見える水路が「琵琶湖疎水」。琵琶湖疏水については、琵琶湖疏水記念館で後述します。

2.京都市京セラ美術館(旧:京都市美術館):2020年3月21日オープン!

出典: www.shutterstock.com

岡崎エリアで今最も関心が集まっているのは、2020年3月21日にリニューアルオープン予定の「京都市京セラ美術館」です。

1933年(昭和8年)に開館した「京都市美術館」は、日本に現存する中で最も古い帝冠様式建築の公立美術館。今回のリニューアルでは、芸術性に優れたクラシカルな建物の魅力を守りながら、建築家の青木淳氏と西澤徹夫氏デザインによる革新的改修・増築が進行中!2020年の春、どのように生まれ変わるのか?先取りでチェックしてみましょう。

美術館正面は「京セラスクエア」という開放的なスロープ状の広場になり、メインエントランスは地下1階に変わります。そして印象的なのは、エントランス前の「ガラス・リボン」。京都市京セラ美術館の新しいシンボルともいえる、流線型の透明なファサードです。

館内の中心となるのは、旧大陳列室の「中央ホール」。メインエントランスから大階段でつながり、各フロアや日本庭園などへ移動する中核部分となるのがここ。中央ホール両側の非公開だった中庭は、オープンな「天の中庭」と、ガラスの大屋根から自然光が差し込む「光の広間」に一新されます。両端の南回廊と北回廊は、歴史的建築の良さを残しつつ設備を改修。常設展示室を新設し、自然光のもとでの美術鑑賞が可能になります。一番奥には、現代アートの展示スペース「東山キューブ」と、東山を望む日本庭園が整備されます。

さらに正面、京セラスクエア北側地下には、新進作家のためのスペース「ザ・トライアングル」が設置される予定。観光客はもちろんのこと、京都市民も京都市京セラ美術館がリニューアルオープンする2020年3月21日を待ち望んでいます!

◆京都市美術館 別館

出典: soulman / PIXTA(ピクスタ)

本館の京都市京セラ美術館(旧:京都市美術館)は改装中ですが、別館は引き続き開館しています。場所は、本館から北西へ徒歩数分、ロームシアター京都の東側。

展覧会スケジュールは、公式サイトで確認できます。入場無料の展覧会もあるので気軽に行ってみてくださいね。

3.京都国立近代美術館

出典: active-u / PIXTA(ピクスタ)

琵琶湖疎水沿いに建つ「京都国立近代美術館」は、平安神宮大鳥居のすぐ近く、京都市京セラ美術館から道路を挟んだ西側にあります。静かな内部に足を踏み入れれば、現実から少し離れられるような空間が広がっています。

京都国立近代美術館の特徴は、京都を中心に関西で活躍したアーティストの作品を所蔵・展示していること。12000点を超える所蔵作品の中でも、工芸と日本画に重点を置いています。コレクション・ギャラリーでは、日本画、洋画、版画、彫刻および陶芸、染織、金工、木竹工、漆工、ジュエリーなどの工芸、写真等の中から適宜展示替を実施。日本の近代美術の代表作や記念的な作品を中心に、欧米の近・現代の作品もあわせて展示しています。

例年4~6回の特別展、企画展、コレクション展などを開催。マニアにはたまらない展覧会が次々と企画されていますよ。

京都国立近代美術館の1階にはミュージアムショップとカフェがあります。ミュージアムカフェ「café de 505」のテラス席で、景色を眺めながらティータイムはいかがでしょう?豆乳ワッフルや自家製生パスタが人気で、美術館観覧チケットが無くても利用できますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

京都市でおすすめの記事

京都市のアクセスランキング