城下町の面影が残る仙台・荒町界隈のおすすめ観光ルートをご紹介します!

画像出典:Blue flash / PIXTA(ピクスタ)

城下町の面影が残る仙台・荒町界隈のおすすめ観光ルートをご紹介します!

東北の中心都市として発展するなかで、仙台市街に城下町の面影を感じられる場所は少なくなってきています。そんななか、仙台駅の南東に位置する荒町(あらまち)界隈は、江戸時代の町割りや風情が残るエリアとして近年注目されています。城下町らしく折れ曲がった道路や、いわゆる「鰻の寝床」状に細長い通り沿いの家々など、荒町は歩いているだけで昔ながらの仙台に出会える街。今回は、仙台の穴場スポット荒町の観光情報をお届けします。

目次

城下町の面影が残る仙台・荒町界隈のおすすめ観光ルートをご紹介します!

目次を閉じる

1. 枡形の残る荒町~南材木町

荒町を東西に走る通りは、かつての奥州街道の本通りです。荒町商店街から東へ商店街を真っすぐ進むと南鍛冶町に入り、火伏の神「三宝大荒神社」の前で道は南へ直角に折れます。神社の境内には樹齢400年といわれるイチョウのご神木があり、こちらも見どころですよ。

カーブした先は穀町(こくちょう)で、その名の通り江戸時代には米問屋が多く連なっていました。その先には、いわゆる鉤(かぎ)の手に折れる桝形(ますがた)という2連直角カーブがあります。これは攻めてくる敵が真っすぐ侵入できないようにする防衛上の工夫で、仙台が城下町であることを感じさせる名残なんですよ。

桝形を越えると、南材木町に入ります。材木のほかに煙草の先買権を持っていた町で、中央を七郷堀が横切っています。あちこちに土蔵が残り、当時の町の繁栄ぶりがうかがえます。南材木町を抜けると広瀬川の河原となり、現在の広瀬橋のあるあたりが、仙台の城下町の南端となります。

2. 手作り仙台味噌の伝統を守る「佐藤麹味噌醤油店」

江戸時代、荒町は仙台藩から麴の専売権を与えられていました。麹は酒や味噌などの醸造に欠かせないことから、荒町には味噌醤油を扱う店も数多くありました。「佐藤麹味噌醤油店」は、そんな荒町で慶長8年(1603)の創業以来、仙台味噌の伝統を守り続けている老舗です。

約400年にわたって作り方も変えず添加物も使わず、本物の手作り味噌は一般的な仙台味噌と一線を画す美味しさです。長い期間じっくり熟成させることにより、味と香りにも奥深さが感じられます。味噌や醤油のほかに、冬季には米と米麹だけでつくった甘酒も人気。仙台の歴史と伝統に舌で触れられるスポットです。

3. 仙台市街に唯一残る造り酒屋「森民酒造本家」

酒造にも同じく麹が必要ですが、「森民酒造本家」は荒町で唯一の、仙台市内でも2軒しか残っていない造り酒屋の1つです。創業は江戸時代末期の嘉永2年(1849)。南部杜氏による手作りの伝統を守り続けています。

清らかな広瀬川の流れにあやかって名付けられた「森乃菊川」が主力銘柄。宮城県産の酒米「蔵の華」を主軸に、まろやかでコクのある味わいが特徴です。また近年では、仙台産の米と広瀬川の伏流水で醸した「小粋なすずめ」も人気!こちらは軽めですっきりとした口あたりで飲みやすいお酒となっています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

仙台でおすすめの記事

仙台のアクセスランキング