長崎観光の定番!明治の歴史と洋文化に触れるグラバー園の観光ガイド

画像出典:kattyan / PIXTA

長崎観光の定番!明治の歴史と洋文化に触れるグラバー園の観光ガイド

江戸時代から諸外国との貿易の窓口として、西洋文化の影響を多大に受けた長崎県。その異国情緒あふれる街並みは、今も訪れる人々を魅了し続けています。長崎市には「大浦天主堂」をはじめとする国宝や重要文化財があり、その中でも「グラバー園」は長崎観光の主要観光スポットとして根強い人気です。今回はそんな「グラバー園」の見どころを詳しく紹介します。

目次

[x] 閉じる

長崎観光の定番!明治の歴史と洋文化に触れるグラバー園の観光ガイド

1. グラバー園ってどんな場所?

出典: けい / PIXTA(ピクスタ)

長崎県の人気観光スポット「グラバー園」とは、どういう場所なのでしょうか?1859年の長崎開港後、長崎の街に移り住んだイギリス商人「グラバー」「リンガー」「オルト」の邸宅があった敷地に、長崎市内に残っていた歴史的建造物を移築してできた屋外型の博物館・観光施設です。

グラバー園の敷地は広く、園内には「旧グラバー住宅」をはじめとするハイカラな洋風建築の建物や日本庭園、カフェやお土産ショップが点在します。また、高台にあるグラバー園からは長崎の街を見下ろすことができ、敷地内に2ヵ所ある展望台からは素晴らしい眺望を楽しめるんですよ。

2. 旧グラバー住宅はメインともいえる目玉スポット!

出典: tomcat / PIXTA(ピクスタ)

グラバー園イチの見どころと言えば、やはり「旧グラバー住宅」ではないでしょうか。「グラバー園」と検索すると一番に出てくる、あのL字型をした特徴的な建物が「旧グラバー住宅」です。グラバー邸は国の重要文化財で、世界遺産にも登録されています。

グラバー邸は、日本に現存する最古の洋風木造建築の建物です。和洋折衷の素敵なグラバー邸には、コロニアル風の大窓やアーチ形をしたドアなど、おしゃれで洗練されたデザインの数々が見られます。そして、内部も見学可能です。豪華な装飾品やインテリ品が置かれていて、なかなかの見ごたえですよ。

3. 旧リンガー住宅は木造のおしゃれな洋館!

出典: istylelife / PIXTA(ピクスタ)

「旧リンガー住宅」はグラバー園の中央よりやや奥側にあります。イギリス人のフレデリック・リンガーは、グラバー商会で働いた後、同じくイギリス人のホームと「ホーム・リンガー商会」を設立。以後約70年間、海外貿易や商社代理店など様々な事業で長崎の産業や経済に大きな功績をのこした人物です。

国指定重要文化財に登録されている「旧リンガー住宅」は、木造・石壁造りの優雅な平屋の洋館です。家を囲むテラスからは長崎港を一望することができます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

長崎市でおすすめの記事

長崎市のアクセスランキング