香港を象徴する観光名所「ゴールデン・バウヒニア・スクエア」とは?

画像出典:ngkaki

香港を象徴する観光名所「ゴールデン・バウヒニア・スクエア」とは?

GoToキャンペーンバナー

目次

香港を象徴する観光名所「ゴールデン・バウヒニア・スクエア」とは?

目次を閉じる

5. 広場までのアクセス方法

【MTR港島線「湾仔」駅のA5出口から徒歩10分】
A5出口にある長いエスカレーターを上り通路を直進。建物内に入ったら「セントラル・プラザ」方面へ右折し、陸橋を通ってそのまま進みます。次に出てくる建物を左折すると「香港コンベンション&エキシビションセンター(HKCEC)」に到着します。

【スターフェリー「湾仔渡輪碼頭」から徒歩7分】
スターフェリーターミナルを出たら右折し「コンベンション・アベニュー(會議道)」に入る。200m程進むと「エキスポ・ドライブ・イースト(博覧道東)」が見えてくるので、右折しさらに200m程直進します。

◎ 最後に:シンフォニー・オブ・ライツの穴場鑑賞スポット

朝の国旗掲揚から夜の「シンフォニー・オブ・ライツ」まで、ゴールデン・バウヒニア・スクエアはいつ訪れても魅力に溢れています。国旗掲揚が始まる前の早朝は、とても静かで散策にぴったり。日中は陽を浴びてキラキラ輝くバウヒニア像とHKCECを眺められるほか、様々なイベントや見本市が開催されたくさんの人で賑わいます。そして、やはり見逃せないのが美しい香港の夜景。尖沙咀などに比べて観光客も少ないので、「シンフォニー・オブ・ライツ」の穴場鑑賞スポットとしてぜひおすすめしたいです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

香港でおすすめの記事

香港のアクセスランキング