広島藩42万石を支えた名城!広島城の観光の見どころを予習しよう

画像出典:bee / PIXTA(ピクスタ)

広島藩42万石を支えた名城!広島城の観光の見どころを予習しよう

広島城は、広島の街の原点ともいえるお城です。日本100名城のひとつに数えられ、別名を「鯉城(りじょう)」といいます。そう、野球の「広島カープ」やそのファンの「鯉党」は、この鯉城にちなんでいるんですよ!原爆投下によって建物はすげて倒壊・焼失しましたが、戦後に天守閣が復興されました。また広島城の周辺には、他の観光スポットもいろいあります。今回は広島城の見どころやイベント、利用情報などをご紹介します。

目次

[x] 閉じる

広島藩42万石を支えた名城!広島城の観光の見どころを予習しよう

1.広島城とは? 城主の変遷で歴史をふり返る

出典: s_fukumura / PIXTA(ピクスタ)

広島城は、戦国大名として名高い毛利元就の孫の毛利輝元が、天正17年(1589)から約10年をかけて築いた平城です。それまでの広島は、デルタ(三角州)と呼ばれる太田川河口の湿地帯で、小さな村がかろうじて点在するような場所でした。

毛利家は慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いに敗れたため、徳川家康によって周防・長門2国(現在の山口県)へ移されました。代わって入城した福島正則によって広島城の外郭がさらに広く整備されました。

しかし、城を立派にしすぎたことで幕府のお咎めを受け、福島氏は処罰されてしまいます。元和5年(1619)に浅野長晟(ながあきら)が42万石で広島藩主となると、以後浅野家が幕末まで統治しました。

2.広島城内の見どころ3選

現在の広島城は、幅の広い水濠に囲まれた本丸と二の丸が残っています。現存する建造物はありませんが、復元された天守や櫓、刻印の見られる石垣など、城内の至るところに見どころがあります。ここでは3つに絞ってご紹介しますね。

天守閣

出典: papa88 / PIXTA(ピクスタ)

戦後の昭和33年(1958)に、広島復興のシンボルとして再建されました。5層5階の天守閣は最上階のみが木造で、晴れていれば遠く宮島の稜線まで望むことができますよ。

天守閣の内部は博物館となっていて、浅野家伝来の甲冑や刀剣、発掘された金箔鯱瓦など興味深い品々が展示されています。また1階には体験コーナーがあり、鎧兜に陣羽織などを自由に着て記念撮影をすることができます。

二の丸の復元建物

出典: m.Taira / PIXTA(ピクスタ)

本丸の南に、小島のように張り出しているのが二の丸です。築城400年を記念して、平成元年(1989)から6年(1994)にかけて、二の丸の門や櫓、橋などが復元されました。

広島城には最も多いときで、なんと88もの櫓が立ち並んでいたといわれています。お濠の水に映える二の丸の櫓群を眺めることで、当時のお城の壮麗さに思いを馳せることができるでしょう。

被爆樹木

出典: ja.wikipedia.org

広島城内には、原爆の惨禍を生き延びた樹木が4本あります。爆心地から約900m離れた本丸にはクロガネモチの被爆樹木が2本。そして二の丸には、マルバヤナギとユーカリの木が生えています。

マルバヤナギは今でも青々とした葉を付けていますが、幹の痛みが激しく中は空洞化しています。また、ユーカリは被爆後に昭和46年(1971)の台風で幹の上部が折れてしまいましたが、懸命に芽吹いて現在に至っています。

3.広島城で開催される素敵なイベント

出典: KIKO / PIXTA(ピクスタ)

広島城ではさまざまなイベントも催されています。とくに話題となっているのが、城内が色とりどりの光に包まれる「チームラボ 広島城 光の祭」!鮮やかに照らし出される天守閣も美しいですが、その上から眺める本丸はさらに幻想的です。

このほかにも、広島城では毎年いろいろな企画展が行われます。観光の際は、ぜひ公式HPで各種イベントもチェックしてみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

広島市でおすすめの記事

広島市のアクセスランキング