京都「東福寺」で紅葉観光!錦の雲海を通天橋と臥雲橋から見る幸せ。

画像出典:active-u / PIXTA(ピクスタ)

京都「東福寺」で紅葉観光!錦の雲海を通天橋と臥雲橋から見る幸せ。

京都の秋といえば、春の桜の時期を凌ぐほど観光客に人気のある季節です。京都には紅葉の名所として有名な神社仏閣が数多くありますが、その中でも「東福寺」の紅葉は京都の紅葉名所ランキングでも上位に入る圧巻の美しさ。モミジやカエデなど約2000本の美しい紅葉を、通天橋から眼下に、さらに庭へ下りて洗玉澗を歩きながら見ることができます。今回はそんな東福寺にスポットを当て、掘り下げてご紹介。おすすめ情報も盛り込んでご案内します。

目次

京都「東福寺」で紅葉観光!錦の雲海を通天橋と臥雲橋から見る幸せ。

目次を閉じる

1. 京都五山「東福寺」とは

出典: farmer / PIXTA(ピクスタ)

京都市街地の南東部に位置する「東福寺」は、臨済宗東福寺派の大本山。京都五山第4位の寺院です。鎌倉時代だった1236年に九条家の菩提寺として創建され、奈良県の「東」大寺と興「福」寺が名前の由来とされています。

出典: commons.wikimedia.org

仏殿と法堂は明治14年の大火によって焼失したため再建されましたが、国宝の三門をはじめ、東司・浴室・禅堂など中世の建物が現存しています。

東福寺の中で、通天橋と開山堂、東福寺本坊庭園は一年中いつでも拝観できますが、三門と本堂は通常非公開。涅槃会(ねはんえ)の特別公開時のみ見学することができます。

出典: ja.wikipedia.org

東福寺には25もの塔頭(たっちゅう)があります。偃月橋を渡った奥にあるのは龍吟庵と即宗院。通年公開や期間限定公開など、拝観可能な塔頭も併せて巡り、その歴史深さを感じてください。

2. 紅葉と新緑

出典: Izu navi

毎年、紅葉の見ごろには想像を超える観光客が東福寺に詰めかけます。そのため橋の上では、止まって撮影することができません。しかし、そんな大混雑を覚悟してでも見てみたいのが、東福寺の絶景「錦の雲海」です!

出典: オフィスK / PIXTA(ピクスタ)

紅葉は確かに素晴らしいのですが、人込みは苦手という方にオススメしたいのは、新緑の季節。春から初夏にかけて、爽やかな緑に浮かぶ橋からの眺望をゆっくり楽しめます。

3. 国指定名勝「東福寺本坊庭園」

東福寺大方丈のように四方に作庭されているのは珍しく、東庭・南庭・西庭・北庭で釈迦八相成道を表現していることから「八相の庭」と呼ばれています。それぞれ意匠構成は全く異なっているけれど、ストーリーは繋がっている...。 そんな「東福寺本坊庭園」を順に、写真を交えて見ていきましょう。

◆東庭

出典: hanadekapapa / PIXTA(ピクスタ)

東庭は柱石で北斗七星を表現。

◆南庭

出典: www.shutterstock.com

最も大きな南庭は、神仙島や京都五山を配した枯山水。

◆西庭

出典: やえざくら / PIXTA(ピクスタ)

西庭は大きな市松模様が特徴。

◆北庭

出典: commons.wikimedia.org

北庭は緑色の苔とグレーの板石の小市松模様。次第に消えていく様子がフォトジェニックと人気です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

京都市でおすすめの記事

京都市のアクセスランキング