国内最古の博物館!10万点以上の展示品が集う東京国立博物館を観光!

画像出典:lalala / PIXTA(ピクスタ)

国内最古の博物館!10万点以上の展示品が集う東京国立博物館を観光!

「東京国立博物館」は東京都台東区上野にある国内最古の博物館。本館や東洋館、平成館などで構成されていて、テーマに沿った展示を行っています。10万点以上の展示物の中には国宝や重要文化財が多数あり、期間限定の企画展も行われているので、連日多くの観光客が足を運んでいますよ。今回は東京国立博物館の見どころや入館料、アクセス情報などについて紹介します。

目次

国内最古の博物館!10万点以上の展示品が集う東京国立博物館を観光!

目次を閉じる

1. 東京国立博物館とは?

出典: TPG / PIXTA(ピクスタ)

東京国立博物館は明治5年(1872)3月10日にできた日本最古の博物館です。略して「東博(トーハク)」と呼ばれています。日本と東洋の美術や考古遺物を中心とした収蔵品のうち、80点以上が国宝、600点以上が重要文化財です。全収蔵品数は約11万7,000点と多くの収蔵品があります。平常展だけでも、約3000点が展示されているんです。

施設は本館や東洋館、平成館などに分かれていて、それぞれのテーマに沿った展示を行っています。また、期間限定の企画展も開催されていることから、リピーターの観光客も多いです。レストラン・カフェやミュージアムショップもあるので、ランチを楽しんだり、グッズを購入することもできます。グッズは蔵品をもとにデザインした絵はがきや文房具、Tシャツやアクセサリーなどのオリジナルグッズが揃っていますよ。

アクセス方法はJR上野駅の公園口から徒歩約10分、JR鶯谷駅の南口から徒歩約10分です。東京国立博物館には駐車場はないため、公共交通機関を利用しましょう。

2. 本館~日本の伝統芸術・美術の宝庫~

出典: Keishi / PIXTA(ピクスタ)

東京国立博物館で最も展示数の多い「本館」は、メインスポットとも言える施設です。1階はジャンル別展示となっていて、江戸時代以前の日本の彫刻や、平安時代から江戸時代にかけて各時代の蒔絵作品の展示、刀剣・陶磁・歴史の記録、アイヌと琉球などの展示品があります。

2階のテーマは「日本美術の流れ」です。主な展示は「仏教の美術 平安~室町」や「禅と水墨画 鎌倉~室町」、「茶の美術」や「武士の装い 平安~江戸 」など。日本美術を縄文時代から江戸時代まで、時代を追って展示しています。また、1階・2階共通で期間限定の企画展示も開催していますよ。自分が知らなかった日本の歴史や文化を学ぶことができるでしょう。

3. 東洋館~アジアの古美術が満載~

出典: David Baron

「東洋館」は「東洋美術をめぐる旅」をコンセプトに、東洋の様々な国の美術品や考古遺物を展示している施設です。1階には中国の仏像が展示され、南北朝時代から唐時代の仏像を鑑賞することができます。2階にはインド・ガンダーラの彫刻 や西域の美術、西アジア・エジプトの美術などの西アジアとエジプトを中心とした展示品を見ることができますよ。

3階には中国文明のはじまり、中国の青銅器、中国の陶磁などの展示。4階には中国の石刻画芸術や明清時代の書、中国文人の書斎などの展示しています。5階には朝鮮の陶磁、朝鮮時代の美術などが展示され見どころ満載です。さらに、地下にも東南アジアメインの展示品があるのでぜひチェックしてみましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

上野でおすすめの記事

上野のアクセスランキング