八戸「種差海岸」観光決定版!天然芝生と岩礁の景勝地、ウミネコの蕪島へ

画像出典:ken-ji / PIXTA(ピクスタ)

八戸「種差海岸」観光決定版!天然芝生と岩礁の景勝地、ウミネコの蕪島へ

目次

八戸「種差海岸」観光決定版!天然芝生と岩礁の景勝地、ウミネコの蕪島へ

目次を閉じる

4. 大須賀海岸は「鳴砂」で知られる約2.3kmのビーチ

出典: taka / PIXTA(ピクスタ)

松並木の遊歩道を抜けると、その先には大須賀海岸(おおすかかいがん)が待っています。弓なりの美しい砂浜が2.3kmも続き、多くの人が波打ち際の散策を楽しんでいます。

大須賀海岸の特徴は、なんといっても不純物の少ないきれいな砂!いわゆる「鳴砂」の浜として知られ、歩くとキュッキュッという音が聞こえてきますよ。日本の渚百選にも選ばれた種差海岸観光のクライマックスの1つ。どこまでも続くきめ細かな砂浜を、じっくり時間をかけて歩いてみてください。

5. 葦毛崎展望台の岬の要塞からパノラマ絶景を観よう!

出典: manposei / PIXTA(ピクスタ)

うみねこ号に乗って「葦毛崎展望台前」バス停で下車すると、目の前にローマの遺跡のような建物が現れます。これは太平洋戦争末期に旧日本軍が建造した砲台の跡。今では岬の展望台となっていて、多くの観光客が種差海岸の景色を楽しんでいます。

展望台へ向かうなだらかな道沿いには、夏にはハマナスが花を咲かせ、爽やかな海岸の風景に文字通り華を添えます。岬への入り口にはカフェテラスもあり、ソフトクリームが美味しいと人気!展望台で潮風に吹かれながら食べるもよし、岬を眺めながら店内で休憩するもよしです。

6. 中須賀の岩礁の遊歩道を歩き「花の渚」を満喫!

出典: Umineko / PIXTA(ピクスタ)

葦毛崎展望台と大須賀海岸の間にある中須賀(なかすか)は、「花の渚」と謳われる種差海岸でもとくに植生が豊かなエリア。とくに、ハマヒルガオやスカシユリなどの海浜植物と、ニッコウキスゲやノハナショウブといった高山植物が共存して咲いているという、珍しく貴重な場所なんですよ。

種差海岸の花の見ごろは、だいたい6月中旬から7月中旬にかけて。夏に青森を訪れる際は、やませ吹く野に咲く可憐で色とりどりの草花を、ぜひ写真に収めてみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

八戸でおすすめの記事

八戸のアクセスランキング