八戸「種差海岸」観光決定版!天然芝生と岩礁の景勝地、ウミネコの蕪島へ

画像出典:ken-ji / PIXTA(ピクスタ)

種差海岸(たねさしかいがん)は、青森県東部の八戸市にある美しい海岸の観光名所です。周辺はもともと漁師町として栄えていましたが、三陸復興国立公園にも指定され、天然芝生の丘陵や変化に富んだ海岸線の景色を求めて多くの観光客が訪れます。また、多彩な海浜植物や高山植物を見ることもでき、ウミネコの繁殖地として知られる蕪島のような変わり種の観光スポットもあります。この記事では、そんな青森の人気観光地種島海岸の魅力をご紹介します。

[x] 閉じる

八戸「種差海岸」観光決定版!天然芝生と岩礁の景勝地、ウミネコの蕪島へ:目次

1. 種差海岸の魅力

出典:Umineko / PIXTA(ピクスタ)

一面の芝生と太平洋の海、海浜植物に高山植物と、さまざまな魅力に彩られる種差海岸。青森、岩手、宮城の3県にまたがる三陸復興国立公園の北端に位置し、三陸らしい荒々しさと美しさを兼ね備えた景勝の観光地です。

初夏にはこの地域特有の植物相の花があちこちで咲き、そのようすは「花の渚」とも呼ばれます。複雑な海岸線と可憐な花々の風景は、古くから画家の格好の材料にもなってきました。

2. 種差天然芝生地の広大な天然芝生地は開放感いっぱい!

出典:taka / PIXTA(ピクスタ)

JR八戸線種島海岸駅から遊覧バス「うみねこ号」に乗り、2分ほどで最初のバス停「種差海岸インフォメーションセンター」に着きます。バスを降りると、そこは海沿いに広がる一面の天然芝生!芝は波打ち際まで続いていて、種差海岸を代表する景観の1つとなっています。ここでは馬の放牧も行われ、乗馬体験なども楽しめますよ。

2014年に開設された種差海岸インフォメーションセンターは、観光の情報収集に役立つのでぜひ立ち寄っておきましょう。海岸散策に少し疲れたら、ガラス張りの窓から天然芝生を眺めながら休憩もできます。

3. 淀の松原で海岸美を見ながら樹齢約100年の松林を散策

出典:オモ / PIXTA(ピクスタ)

種差海岸インフォメーションセンターから徒歩5分ほどで、静かな松林の広がる「淀の松原」に着きます。樹齢100年の松の林は鬱蒼としていて、独特のうねりが訪れる人の心を捉えます。

松並木の間からは海岸の岩場と海が顔をのぞかせます。とくに、ウミウの糞によって変色した白岩の景色は種差ならでは!道中には「コウモリ穴」や「地獄穴」、かつて松原の風景にほれ込んだ人が住みついた「仙人窟」など、興味深いスポットも点在しています。

4. 大須賀海岸は「鳴砂」で知られる約2.3kmのビーチ

出典:taka / PIXTA(ピクスタ)

松並木の遊歩道を抜けると、その先には大須賀海岸(おおすかかいがん)が待っています。弓なりの美しい砂浜が2.3kmも続き、多くの人が波打ち際の散策を楽しんでいます。

大須賀海岸の特徴は、なんといっても不純物の少ないきれいな砂!いわゆる「鳴砂」の浜として知られ、歩くとキュッキュッという音が聞こえてきますよ。日本の渚百選にも選ばれた種差海岸観光のクライマックスの1つ。どこまでも続くきめ細かな砂浜を、じっくり時間をかけて歩いてみてください。

5. 葦毛崎展望台の岬の要塞からパノラマ絶景を観よう!

出典:manposei / PIXTA(ピクスタ)

うみねこ号に乗って「葦毛崎展望台前」バス停で下車すると、目の前にローマの遺跡のような建物が現れます。これは太平洋戦争末期に旧日本軍が建造した砲台の跡。今では岬の展望台となっていて、多くの観光客が種差海岸の景色を楽しんでいます。

展望台へ向かうなだらかな道沿いには、夏にはハマナスが花を咲かせ、爽やかな海岸の風景に文字通り華を添えます。岬への入り口にはカフェテラスもあり、ソフトクリームが美味しいと人気!展望台で潮風に吹かれながら食べるもよし、岬を眺めながら店内で休憩するもよしです。

6. 中須賀の岩礁の遊歩道を歩き「花の渚」を満喫!

出典:Umineko / PIXTA(ピクスタ)

葦毛崎展望台と大須賀海岸の間にある中須賀(なかすか)は、「花の渚」と謳われる種差海岸でもとくに植生が豊かなエリア。とくに、ハマヒルガオやスカシユリなどの海浜植物と、ニッコウキスゲやノハナショウブといった高山植物が共存して咲いているという、珍しく貴重な場所なんですよ。

種差海岸の花の見ごろは、だいたい6月中旬から7月中旬にかけて。夏に青森を訪れる際は、やませ吹く野に咲く可憐で色とりどりの草花を、ぜひ写真に収めてみてください。

7. 蕪島でウミネコから”運”をもらおう!

出典:takaちゃん / PIXTA(ピクスタ)

種差海岸の八戸市街側の端っこに、パワースポットとしても人気の「蕪島(かぶしま)」があります。名前のとおり戦前は島でしたが、現在は地続きになっているので歩いて行くことができます。ウミネコの繁殖地として知られ、国の天然記念物にも指定されている蕪島では、産卵から抱卵、子育てや巣立ちなど、時期によって異なる光景が見られるんですよ。

島内の蕪島神社は、商売や漁業の神様として地元の信仰を集めています。またウミネコも、漁場を知らせてくれることから、神社の神の使いとして大切にされてきました。国内でウミネコの巣を間近で観察できる唯一の場所として貴重な蕪島は、特に繁殖期になると島の上空を無数のウミネコが飛び交っています。お参りすると「運」をいただけると言われていますが、直接ウミネコの「ウン」はいただかないよう、無料で貸してもらえる傘で防いで参拝しましょう。

※2020年3月頃まで、蕪嶋神社は再建工事中。頂上への立入制限もありますので、訪問前に最新情報を確認してください。

8. 種差海岸遊覧バス「うみねこ号」

種差海岸遊覧バス「うみねこ号」は、蕪島の最寄りであるJR八戸線鮫駅から出発し、種差海岸駅までの区間の観光スポットすべてに停車する遊覧バスです。車窓からも美しい種差の海岸線や風景が見られ、降りて次のバスに乗るまでの間に、ゆっくりと観光ができます。

終点の種島海岸駅とその手前の種差海岸インフォメーションセンターにある食堂などで、種差名物の磯ラーメンやウニ丼などを味わうのもおすすめ。JR八戸線のダイヤに合わせて、通常は1日往復7本、冬季は4本運行されています。

◎ 最後に:種差海岸観光のめぐり方

種差海岸は12kmの海岸線に沿って見どころが広がっています。全体をゆっくり観光して回るには、種差海岸遊覧バス「うみねこ号」が便利!各観光スポットで停車するので、効率よく見どころを巡ることができます。サイクリングを考えている人には、レンタサイクルもありますよ。鮫駅近くの早狩輪店とタカヤ靴店、八戸シーガルビューホテル、種差海岸駅近くの種差観光協会で、GPS機能付き音声ナビゲーション「ナビチャリ」の搭載された電動アシスト自転車が借りられます。レンタルサイクルの期間は、5月1日~10月31日まで。レンタカーについては、JR八戸駅周辺にあるレンタカー会社を利用してください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

八戸でおすすめの記事

八戸のアクセスランキング