国道九四フェリーと宇和島運輸で四国と九州を一度に旅行してみた!【前編】

国道九四フェリーと宇和島運輸で四国と九州を一度に旅行してみた!【前編】

GoToキャンペーンバナー

目次

国道九四フェリーと宇和島運輸で四国と九州を一度に旅行してみた!【前編】

目次を閉じる

今回のモデルコース

今回は「実際にフェリーに乗って観光してみた」ということで、上のようなコースで旅してきました。桜色のルートが【前編】の、海色が【後編】の部分になります。

空港で車を借りたのですが、別の空港で乗り捨てると追加料金が発生するので、レンタカーの場合は往復したほうが安く済みます。行きは国道九四フェリー、帰りは宇和島運輸に乗船しました。

松山空港のレンタカー会社を利用したので、この記事では四国分が多めです。九州側に重心を置きたい人は、大分空港で車を借りると良いでしょう。

公共交通機関で移動するなら、松山空港に降りて大分空港から帰る、あるいはその逆の一方通行も可能です。ただし、大分空港は大分市からだいぶ離れているので、プランを立てる際は注意してください。

それでは、2泊3日の四国・九州巡りの旅行記をお届けします!絶景あり、グルメあり、発見ありのおすすめコースなので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

まずは飛行機で松山空港へ!

この日の羽田は快晴!向こうには富士山が見えます。羽田空港から松山空港までは約1時間半。大阪伊丹空港からなら約50分です。

さっそく松山空港に到着!さすがはみかんの国、みかんジュースのグラスタワーがお出迎えしてくれます。

今回レンタルしたのはこちらのトヨタ「ヴィッツ」。四国は山道が多いですが、3日間燃費も良く頑張ってくれました!

▶ 今すぐ松山空港のレンタカーを比較・予約!

松山市街を観光するのももちろん良いですが、せっかく車があるので、今回は道中の観光地を訪ねてみることにします。

▶ 松山の観光スポット10選!道後温泉以外にも思わず足を運びたくなる

それでは、さっそくフェリー港最寄りの街、愛媛県南部(南予)の八幡浜方面へ出発です!

四国を代表する歴史的な町並み「内子」を観光

松山空港の南の松山自動車道伊予ICから25分ほどで行ける内子(うちこ)は、かつて製蝋業で栄えた重厚な商家の街並みが残る観光名所です。

▶ 愛媛県内子町のおすすめ観光スポット5選。大正期の商家の暮らしが分かる

豪壮な鬼瓦やうだつの上がった旧家が立ち並び、和紙と木蝋の商いで賑わった幕末から大正初期にかけての繁栄ぶりを伝えています。

趣ある通りをブラブラしていると、ちょうどお昼に。南予といえば鯛茶漬けが有名ですが、ここはちょっとひねって、同じく郷土料理の「さつま汁」をチョイスしました。

写真左上の、とろろ汁のような器が「さつま汁」。鯛など地元産の魚をすりつぶして味噌と和え、炙ってから出汁を加えたものだそうです。これにお好みで薬味を合わせて、ごはんにかけて食べます。一見すると本当に麦とろ飯のようなのですが、粘りはないので一瞬びっくりしてしまいました(笑)。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

湯布院でおすすめの記事

湯布院のアクセスランキング