京都・清水寺を観光する前に要チェック!魅力・見所・アクセス情報

画像出典:えせ京都人 / PIXTA(ピクスタ)

京都・清水寺を観光する前に要チェック!魅力・見所・アクセス情報

京都の観光地といえば清水寺を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。「清水の舞台から飛び降りる」ということわざで有名な清水寺は、世界文化遺産「古都京都の文化財」の1つ。清水坂や五条坂を上った東山の中腹に建立されています。舞台からの絶景と建築方法の秘密、多数の国宝や重要文化財、音羽の滝や石畳の坂道など、清水寺の魅力と見所、アクセスなど、行く前に知っておきたいおすすめ情報をわかりやすくご紹介します。

目次

京都・清水寺を観光する前に要チェック!魅力・見所・アクセス情報

目次を閉じる

1. 清水寺とは?

出典: pixta.jp

京都を代表する観光名所「音羽山 清水寺」は、西国三十三所の第16番札所。国宝や重要文化財の建造物、仏像などを多数所有しており、日本国内のみならず世界中から多くの観光客が訪れています。

延鎮(えんちん)が778年に開創、坂上田村麻呂が十一面千手観世音菩薩を御本尊として音羽山に建立したのが起源。度重なる火災で焼失した伽藍や舞台は、江戸幕府3代将軍徳川家光により1633年に再建されました。

四季折々に美しく、なかでも3月後半~4月初旬の桜 、11月中旬~12月初旬の紅葉に染まる清水寺は見ごたえがあります。通常、清水寺の拝観時間は朝6:00から夕方の18:00または18:30頃までですが、春・夏・秋には夜間特別拝観を実施。ライトアップされた幻想的な光景と、京都市街地の美しい夜景の両方を見られてオススメです。

▶清水寺 夜間特別拝観

2. 国宝「清水の舞台」の魅力に迫る。建築方法の秘密とは?

出典: active-u / PIXTA(ピクスタ)

見どころが多い清水寺の中で、最も目を惹くのが「清水の舞台」です。4階建てビルに相当するという高さ約13mの舞台は、釘を全く使っていません!18本のケヤキの大柱と木材同士で支え合う「継ぎ手」と呼ばれる構造で組み上げられているんですよ。

出典: gandhi / PIXTA(ピクスタ)

断崖に張り出した舞台は約190平方メートルで、景色を眺めるために多くの観光客が乗れる広さです。「懸造り(かけづくり)」という建築方法でしっかり造られているため、大勢が一度に乗ってもびくともしないのはさすが!継ぎ手、懸造りという伝統的な工法もまた、清水の舞台が多くの観光客でにぎわう大きな魅力です。

3.重要文化財「仁王門」

出典: tarousite / PIXTA(ピクスタ)

重要文化財に指定された「仁王門」が清水寺の入口です。朱塗りが美しいことから「赤門」とも呼ばれるこの楼門は、高さ約14m、幅約10m、奥行き約5m。応仁の乱によって焼失した後に再建され、2003年には解体修理が施されました。

軒下に「清水寺」と書かれた額が掲げられ、仁王門の左右には、仁王像(金剛力士像)が安置されています。鎌倉時代に作られた高さ3.65mの大きな2体の仁王像は迫力!桜と紅葉の時期には仁王門や仁王像もライトアップされるので、さらに貫禄を増した仁王像をご覧ください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

京都市でおすすめの記事

京都市のアクセスランキング