青森県立美術館は、三内丸山遺跡の隣りという空間デザインからはじまった!

画像出典:bryan...

青森県立美術館は、三内丸山遺跡の隣りという空間デザインからはじまった!

青森県立美術館は、三内丸山遺跡のすぐ南隣というロケーションを活かした建物設計、展示空間のユニークなデザインが魅力の美術館。国内有数の縄文遺跡として知られる三内丸山遺跡が有名すぎて陰に隠れがちですが、青森県立美術館も見逃せません!あおもり犬をはじめとした奈良美智氏のコレクション、シャガールのアレコホールのほか、棟方志功など青森出身のアーティストの作品を多数所蔵する見どころいっぱいの観光スポット。今回は、この新しく先進的な美術館の魅力をたっぷりご紹介します。

目次

[x] 閉じる

青森県立美術館は、三内丸山遺跡の隣りという空間デザインからはじまった!

1. 青森県立美術館とは?

出典: bryan...

2006年に開館した青森県立美術館は、スタイリッシュな外観と、青森県立美術館のランドマークともいえる『あおもり犬』で人気の美術館です。棟方志功や寺山修司、奈良美智氏など、青森県のアーティストコレクションを多数所蔵、展示。多様性豊かな芸術の発見・保全・創造をコンセプトにしています。

さらに絵画や彫刻などの美術品にとどまらず、映画、演劇、音楽など様々な文化芸術活動とコラボ。新しい価値観と出会う場を積極的に提供しています。

2. 建築コンペから実現した「建物」の魅力

青森県立美術館の建物は、コンペ応募作品約400点の中から最優秀に輝いた建築家・青木淳氏の設計デザインを採用。隣接する三内丸山縄文遺跡の発掘現場にヒントを得たという、エネルギーを感じる空間設計が斬新な新しいタイプの美術館です。

発掘現場をイメージして地面を掘り込んだ溝の上に、白い建造物をずらして覆い被せた構造が特長。日差しの当たり具合によってコントラストの変化を楽しめます。

遠くからみると平面に立つ2階建ての建物に見えますが、中は凹凸のある展示スペースを有するユニークで立体感をもった建築物。中央広場を中心とした街並みを意識したレイアウトになっています。

3.「ビジュアルイメージ」の魅力

ビジュアルイメージを担当したのは、グラフィックデザイナーの菊地敦己(あつき)氏。ネオン管でつくられた青森の「木」と「A」をモチーフにしたシンボルマークが印象的で、日が暮れると青とも緑ともつかない柔らかな光を放ちます。

「木が集まって森になる」という成長をイメージしたシンボルマークは、まるで森に包み込まれるような落ち着きのあるデザイン。ネオンサインの青い木が集まって青森!? とダジャレも思い浮かんで癒されますね。

出典: OrangeMoon / PIXTA(ピクスタ)

ロゴマーク等に使用されているのは、水平・垂直・斜め45度の直線だけでデザインしたオリジナルフォント。建物に調和し、スタイリッシュさを際立たせています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

青森市でおすすめの記事

青森市のアクセスランキング