札幌の夜は「すすきの」で決まり!居酒屋からラーメン店まで

画像出典:まちゃー/PIXTA(ピクスタ)

札幌の夜といえば「すすきの」が有名ですよね。名前だけは聞いたことがあるという方も多いと思いますが、実は札幌に「すすきの」という地名が無いのをご存知でしょうか?一般的に「すすきの」とは、地下鉄南北線・すすきの駅を降りたところに広がる、看板のネオンが輝くエリアを指します。とてもアバウトな表現ですが、「すすきの」という明確な情報は地図にすら乗っていないのです。夜になると多くの地元民や観光客で賑わう、すすきの駅周辺がまさに「すすきの」なのです。この記事では、すすきのを訪れる際にチェックしておきたいお店や情報についてご紹介していきます。

[x] 閉じる

札幌の夜は「すすきの」で決まり!居酒屋からラーメン店まで:目次

1. サッポロビール倶楽部

札幌といえばジンギスカンは外せませんよね。「サッポロビール倶楽部」は、美味しいビールとジンギスカンをたらふく食べられるお店です。人気ナンバーワンメニューは食べ飲み放題コースですが、それ以外にもお酒に合う料理がいっぱい!中でもおすすめは、札幌市民の定番つまみ「札幌ラーメンサラダ」です。

ラーメンとサラダが合わさった料理なんて全く想像がつかない!なんて方もいらっしゃるでしょう。でもラーメンサラダは、札幌ではとてもポピュラーな食べ物なんですよ。どの居酒屋さんでも提供している定番料理ですので、札幌滞在中にぜひ試してみてくださいね。

2. 炭火焼と海鮮、手作り豆富 まいど!

「炭火焼と海鮮、手作り豆富 まいど!」では、お刺身や炙り、ユッケなどご当地食材を贅沢に使った海鮮料理を楽しめます。こちらのすすきの店を含め札幌駅周辺に5店舗を展開するチェーン店で、落ち着いた雰囲気とお酒の品揃えが豊富なことからデートや宴会、接待など様々なシーンに利用されています。

旬の食材を使用した日替わりメニューも人気の秘密。ほとんどが数量限定となっているので、気になる方は店員さんにどんどん聞いてみましょう。お得な飲み放題メニューや宴会コースも要チェックです。

3. 元祖さっぽろラーメン横丁

ラーメン目当てで札幌を訪れるという方も多いのではないでしょうか?札幌には数多くのラーメン店がありますが、どの店へ行ったら良いか悩んでいる方にぜひおすすめしたいのが「元祖さっぽろラーメン横丁」。ラーメン店が17軒も建ち並ぶラーメン専門店街です。

札幌のラーメン文化を作ったといっても過言ではない、かつての「公楽ラーメン名店街」のなごりを感じることができる「元祖さっぽろラーメン横丁」を歩き、お気に入りのラーメンを見つけてみましょう。あらゆるジャンルのラーメンが揃っているので、きっとあなただけのイチオシが見つかりますよ。

王道の札幌ラーメンを味わいたい方には、「味の華龍」のコーンバターラーメンがおすすめ。バターと味噌のまろやかな甘さが病みつきになる一品です。こちら「味の華龍」は昭和46年創業の歴史あるラーメン店で、「元祖ラーメン横丁」の開業時から長きにわたって愛され続けています。

鶏ガラの濃厚なスープがお好きな方は「麺処 とりぱん」へどうぞ。ダシは鶏のみというこだわりのスープは、鶏の旨味をしっかりと含んだ濃厚な1杯。それでいて口当たりはさっぱりしているので、スープまで飲み干してしまう方続出なのだとか。これはぜひ食べてみたいですね。

ちょっと変わったラーメンを食べてみたい時は、「札幌ラーメン 悠-はるかー」を訪れてみましょう。イチオシは見た目にも鮮やかなトマトラーメン。トマトにパプリカ、アボカドとラーメンとは思えないような具材が特徴です。追加でチーズをトッピングすれば気分はもうイタリアン!

4. スープカリーイエロー

札幌は知る人ぞ知る「スープカレー発祥の地」です。ジンギスカン、海鮮、ラーメンに並び、スープカレーも札幌グルメとして近年高い人気を集めています。「スープカリーYellow(イエロー)」は、北海道出身の著名人も足繁く通うという実力派。量や辛さ、トッピングをお好みで選べるのが魅力です。

一番人気は、骨付きチキンと大きな野菜がゴロゴロ入ったチキン野菜カリー。かぼちゃやブロッコリー、レンコン、にんじんなど素揚げした野菜はどれもボリュームたっぷりで食べ応え充分です。人気のトッピング「ベーコンステーキ」もぜひ試してみたいところ。胃袋に余裕がある方はぜひ!

5. ノルベサ

すすきのと聞くと「夜の街」と思われがちですが、ちゃんと子供が楽しめる観光スポットもあるんですよ。2006年にオープンした「nORBESA(ノベルサ)」は、地下鉄南北線「すすきの駅」から徒歩2分のところに位置する商業複合施設。ボウリング場やカラオケ、雑貨店などが揃っており屋上には観覧車もあります。

最上階の7階にある観覧車からは、札幌の景色を一望できますよ。日中はもちろん、夜景がきれいに見えることからデートスポットとしても人気なのだとか。冬は寒さの厳しい札幌ですが、観覧車のシートにはヒーターが備えられているので安心。白銀の世界となった札幌を上から眺めてみるのも良いかもしれませんね。

◎ 最後に:すすきのへのアクセス

札幌市内を観光する際は、JR札幌駅を起点とするのがおすすめです。今回もJR札幌駅からすすきのまでの行き方をご案内いたします。

【徒歩】(所要時間20分/約1.6Km)
雨でも濡れずにアクセスできる地下街と通りましょう。JR札幌駅の西改札口を出たら、地下鉄南北線「さっぽろ駅」を目指します。南北線さっぽろ駅の改札横を通過し11番出口へ。「札幌駅前地下歩行空間(チカホ)」に入り、大通・すすきの方面をひたすら直進します。「ポールタウン」という地下街を抜けると南北線「すすきの駅」に到着です。

【地下鉄】(所要時間10分/運賃200円)
・JR札幌駅の西改札口を出て地下鉄南北線「さっぽろ駅」へ。真駒内方面へ2駅の「すすきの駅」で下車。
・JR札幌駅の東改札口を出て地下鉄東豊線「さっぽろ駅」へ。福住方面へ2駅の「豊水すすきの」で下車。

【バス】(所要時間20分/運賃100円)
・JR札幌駅の東改札口から徒歩で札幌駅前バスターミナル(じょうてつバス)へ。定山渓線(快速7・8)または藻岩線(南55)に乗り、「すすきの(ラフィラ)」で下車。
・JR札幌駅の東改札口から徒歩で東急百貨店前バス乗り場(中央バス)へ。苗穂線(循環3)以外のバスならどれでもアクセス可能。いずれも「南4条」で下車。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の札幌行き格安航空券

札幌でおすすめの記事

札幌のアクセスランキング