さっぽろテレビ塔に行こう!札幌でイルミネーションを見るならここ!

画像出典:numa/PIXTA(ピクスタ)

札幌の大通公園1丁目にそびえる「さっぽろテレビ塔」は、高さ147.2mの電波塔です。1957年の開業から半世紀以上にもわたって、時代と共に移り変わる札幌の街を見守ってきました。札幌のシンボルとしてテレビ塔そのものが愛されているのはもちろんのこと、展望台から眺める景色が美しいと観光客に大人気。テレビ塔を含めた札幌の景色と、テレビ塔から眺める札幌の絶景の両方を見に行ってみませんか?それでは、さっぽろテレビ塔の見どころについてご紹介していきましょう。

[x] 閉じる

さっぽろテレビ塔に行こう!札幌でイルミネーションを見るならここ!:目次

1. 展望台フロア

出典:風見鶏/PIXTA(ピクスタ)

3階までは無料で登れるさっぽろテレビ塔ですが、さらにその上に有料の展望台があるのをご存知でしょうか? 地上90.38mに位置する展望台からは、真っすぐに続く大通公園とその先に連なる山々はもちろん、四季折々の自然に彩られた美しい札幌の街並みを一望することができます。

『日本新三大夜景』にも選ばれた札幌の夜景を、ぜひこの機会に眺めてみましょう。さっぽろテレビ塔の公式ホームページでは、季節毎に登り頃や見頃を紹介しているので参考にしてみると良いかもしれませんね。

【料金】
大人720円・高校生600円・中学生400円・小学生300円・幼児100円(2019年5月現在)。

団体料金などの詳細はHPにてご確認ください。札幌のもう一つの観光名所「札幌時計台」も行く予定の方は、お得なセット入場券もあるので要チェック!

2. イルミネーションの時期と時間帯

出典:YsPhoto/PIXTA(ピクスタ)

展望台から札幌の景色を眺めるなら、やはり夜景は外せませんよね。そこでおすすめなのが、11月下旬から12月中旬にかけて開催される札幌の冬の風物詩「さっぽろホワイトイルミネーション」。鮮やかに彩られた札幌の街並みを眺めながら、ロマンティックなひと時を過ごしましょう。

イルミネーションが点灯するのは日没後。大通公園にはスケートリンクやクリスマス・マーケットが登場し、たくさんの観光客で華やぎます。さっぽろホワイトイルミネーションの開催期間中は、さっぽろテレビ塔の営業時間が22時頃まで延長されるのもうれしいポイントです。

3. スカイラウンジ

さっぽろテレビ塔の3階にあるスカイラウンジに「テレビ父さんのほほんパーク」があります。さっぽろテレビ塔の非公式マスコット「テレビ父さん」が描かれた椅子やゴミ箱など、遊び心満載のインテリアが随所に散りばめられていて、記念撮影スポットとして大人気。ぜひ休憩がてら立ち寄ってみてください。

テレビ塔の歴史を紹介するパネルやトリックアートもなど展示されているので、大人でもきっと楽しめるでしょう。同じフロアには洋食レストラン「NEW SANKO」やお土産ショップもあり、食事やお土産探しをする観光客で賑わっています。

4. エントランスコート

エントランスコートは、さっぽろテレビ塔の1階部分にあたるスペースです。さっぽろテレビ塔の非公式マスコット「テレビ父さん」のグッズを扱う「Shopテレビ父さん」があり、靴下や雑貨など様々なオリジナルグッズを販売しています。さっぽろテレビ塔ならではのお土産を買うなら、こちらが便利ですよ。

同じくエントランスコートにある「雪印パーラー」では、昭和43年に天皇皇后両陛下のために作られたアイスクリーム「スノーロイヤル」を味わうことができます。北海道の「雪印パーラー」でしか食べられない幻のアイスクリームですが、とあるテレビ番組がきっかけとなり全国的に知られるようになりました。この機会に味わってみましょう。

5. テレ地下グルメコート

さっぽろテレビ塔の地下にある「テレ地下グルメコート」には、北海道グルメを提供する飲食店が軒を連ねています。「ザンギうどん一久」は、北海道産の食材にこだわって作られたザンギ&うどんの専門店。道民も愛する名店です。揚げたてのザンギとコシのあるうどんのコラボをお楽しみください。

北海道に来たのならラーメンを食べなきゃ!という方は、「みそラーメンよし乃」へどうぞ。こちらは旭川ラーメンの名店で、独特のピリ辛スープが特徴です。しゃきしゃきのモヤシと低加水麺がスープに絡み、食べ応え抜群ですよ。

6. さっぽろテレビ塔のイベント情報

エントランスコートの屋外多目的スペースでは、年間を通して様々なイベントが開催されています。大人気の「サッポロクラシックビアガーデン」は、例年5月中旬から9月上旬にかけて開催。北海道限定の生ビール「サッポロクラシック」を飲みながら、北海道グルメを味わえるという夢のようなイベントです。

サッポロクラシックビアガーデンが開催された後は、9月下旬まで「さっぽろオクトーバーフェスト」が開催されます。姉妹都市ミュンヘンから直送されたドイツビールと北海道全域のクラフトビールを飲める貴重な機会を満喫しようと、日本全国からビール好きが足を運んでいます。

7. さっぽろテレビ塔のアクセス

【地下鉄】
・地下鉄東西線/南北線「大通駅」27番出口から徒歩5分
・地下鉄東豊線「大通駅」27番出口から徒歩1分

【タクシー】
・JR札幌駅南口から約1.1Km(所要時間5分/料金800円)

【徒歩】
・JR札幌駅南口から約15分

さっぽろテレビ塔には駐車場がないため、公共交通機関の利用をおすすめします。時間に余裕がある方は歩いて向かってもいいでしょう。途中、札幌時計台や北海道庁旧本庁舎などの観光名所も通るので散策ついでにぜひ。

◎最後に:さっぽろテレビ塔レンタルルーム

さっぽろテレビ塔の2階はレンタルホールになっています。最低10名から最大60名が収容できるホールが全部で5つあり、最大4ホールを繋げることで200名の収容も可能。円卓や四角テーブルもそろっている上、テーブルレイアウトも変えることができるので、パーティーや宴会、会議、説明会など様々な用途で使用することができます。レンタルルームは、さっぽろテレビ塔の公式ホームページから申し込みが可能です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の札幌行き格安航空券

札幌でおすすめの記事

札幌のアクセスランキング