九州最大級のアウトレット!マリノアシティ福岡をフロア別で紹介!

画像出典:fy2907fw / PIXTA(ピクスタ)

九州最大級のアウトレットモール「マリノアシティ福岡」。2000年10月、九州初の本格アウトレットモールをとして、福岡市でも人気のシーサイドエリア・マリノア地区に誕生しました。館内にはファッションから雑貨、インテリアなど様々なブランドのアウトレット店が120店以上のテナントが入居しています。またショッピングだけではなくグルメはもちろん、アミューズメント施設やイベントなどもあるので、一日中楽しむことができますよ。この記事ではマリノアシティ福岡をフロア別に紹介します。

[x] 閉じる

九州最大級のアウトレット!マリノアシティ福岡をフロア別で紹介!:目次

1. アウトレットⅠ棟

アウトレットと言えば、やはり様々な商品を安く購入できることが魅力でしょう。前シーズンの商品やサイズやカラーのそろわない商品、試作品など商品自体の品質には問題なくても店頭販売の難しい場合があります。そうした商品が各テナントから多数提供され、時にはシーズン中のアイテムも定価よりも安く購入することができるのです。

アウトレットⅠ棟はマリノアシティ福岡の中でも初めにオープンしたエリア。「EDWIN OUTLET」や「COACH FACTORY」「TOMMY HILFIGER」などのテナントが入居しています。困った時に助けてもらえる総合インフォメーションや店内がおしゃれと話題のスターバックスコーヒーもここにありますよ。

アウトレットⅠ棟中央にあるステップ広場では、休日になるとイベントが開催されることも。ゆめ畑マルシェと言うマルシェが度々ステップ広場で開催され、なんと朝採り野菜や旬の果物を購入することができます。

2. アウトレットⅡ棟

2004年7月にマリノアシティ福岡はアウトレット棟を増床しました。この際に40店以上のアウトレットショップがオープン。広場にはオーガニックガーデンが設けられ、憩いの空間となっています。ショッピングに疲れた時の休憩にもぴったりですよ。アウトレットⅡ棟には「UNITED AEEOWS」や「ミキハウス」「CROCODILE」「B.C STOCK EDIFICE」などのテナントが入居しています。

3. アウトレットⅢ棟

出典:ja.wikipedia.org

2007年9月にはアウトレットIII棟がオープンし、マリノアシティ福岡は全169店の大型モールへと成長しました。現在オープンしているアウトレットのフロアはこれが最後のものとなっています。アウトレットⅢ棟には「GAP」や「BEAMS」「Levi's」などのテナントが入居しています。アウトレットⅢ棟前の広場では、マルシェが開催されることもあって賑やかです。

4. マリナサイド北棟

マリナサイド北棟は様々なジャンルの飲食店が入居しています。中でもマリナサイド北棟1F に入居しているハンバーグレストラン「ぎゅうまる」では、マリノアセットと言うマリノアシティ福岡限定メニューを提供。パイ包みスープやガトーケーキなどがセットになっていて、丁寧に練り込んだメインのハンバーグは肉汁がたまらない人気のメニューです。他にも「ダブルデイ」や「ル・クルーゼ」など生活雑貨・用品を扱うテナントも入居しています。

出典:fy2907fw / PIXTA(ピクスタ)

高さ60mの観覧車「スカイホイール」は、マリノアシティ福岡のシンボル的存在です。マリナサイド北棟には、スカイホールという観覧車の乗り口があります。夜はライトアップもされ、その壮観な眺めは思わず写真に収めたくなるほど見ごたえ抜群。一日の締めとして夜に訪れるのもおすすめです。

5. マリナサイド南棟

出典:Tzuhsun Hsu

マリナサイド南棟はフードコートがあり、各種グルメを楽しむことができます。フードコートは約450席が用意され、フードコートの横にはキッズエリアも併設。お子様連れでも安心です。

トイザらス・ベビーザらスの他に、家具や生活雑貨で全国的に有名な「ニトリ」やジーンズカジュアルショップ「Right-on」、福岡最大級のスポーツショップ「スポーツデポ」などのテナントが入居しています。ファッションだけではなく、雑貨類がアウトレットで手に入ることも大きな魅力のひとつです。

◎ 最後に:近くにはヨットハーバーがあります!

出典:ayataka / PIXTA(ピクスタ)

マリノアシティ福岡は博多湾に面した立地で、周辺地域ではヨットを楽しむことができます。ショッピング目的で楽しむのもいいですが、周辺地域のスポットも併せて訪れてみると、時間を余らせることなくより充実した時間を過ごせるでしょう。また、マリノアシティ福岡は福岡の中心部から車で30分ほどで行くことができます。駐車場はなんと約2,300台分もあるため、ドライブ観光でも便利です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

福岡市でおすすめの記事

福岡市のアクセスランキング