広島旅行でユニークな体験をするなら、おりづるタワーに行ってみよう!

画像出典:宗/PIXTA

おりづるタワーは世界遺産に指定されている原爆ドームの近くにあるビルです。展望台から広島市内を一望したり、自分で折った折り鶴を壁面に投下したり、ユニークな体験ができるスポットとして話題です。今回は比較的新しい広島市街地の観光名所として、おりづるタワーの魅力を紹介します。

[x] 閉じる

広島旅行でユニークな体験をするなら、おりづるタワーに行ってみよう!:目次

1. おりづるタワーとは?

出典: 宗/PIXTA

おりづるタワーは原爆ドームの東側約90mの場所にある地上14階/高さ50mのビルです。元々は企業の社屋として使われていましたが、2016年9月に改修され複合商業施設に生まれ変わりました。1階にはお洒落なカフェと物産店があり、12階には「おりづる広場」、そして散歩坂を経て到達できるラウンジには開放的な展望フロア「ひろしまの丘」があります。

出典: ぶんじん/PIXTA

12階からラウンジにかけては有料の体験フロアになりますが、上方から眺める平和記念公園と原爆ドーム、広島市街地の風景は新しい街の見方を観光客に提供してくれます。戦争の歴史に通じている方であれば、俯瞰して当時の光景をイメージできるかもしれません。

展望も素晴らしいですが、おりづるタワーを訪れた際にぜひとも体験しておきたいのが「おりづる」の投下。おりづるタワーの北側の壁は、ガラス張りで吹き抜けの「おりづるの壁」と呼ばれていて、100円を支払えば自分で折った鶴が投下できます(※2019年1月時点)。投下した折り鶴が吹き抜けに蓄積し、ビルの外側から見るとデザインガラスを彩るひとつの色になっていることが分かります。広島で平和を祈った証を残して帰れるというわけです。気になる方はぜひ体験してみてください。なお展望スペースの入場料金は1700円(※2019年1月時点)です。

2. おりづるタワーで催されるイベント

おりづるタワーでは、期間限定で楽しめる様々なイベントが開催されています。2019年1月25日時点では、広島の街を見下ろしながら透明のドームテントで優雅なひと時を過ごせる「グランピング」や写真展が開催中です。

過去には謎解きイベントで景品をもらえるなど家族で楽しめるイベントも開かれており、企画には相当力を入れているようなので、公式HPで最新企画をチェックしてから訪れる時期を決めるのもいいでしょう。

3. おりづるタワーで人気のお土産BEST3

おりづるタワー1階には、無料で入れるショップがあります。地元広島のお土産が1,000点近く揃えられていて、何を買おうか悩む方も多いかもしれません。そこで人気お土産の中でオススメのベスト3を紹介します。

1. デアバウムクーヘン

おりづるタワー限定のバウムクーヘン。ユーハイムが作っています。折り鶴が描かれたパッケージが特徴的です。日本で最初にバウムクーヘンが焼かれたのは原爆ドーム(旧広島物産館)だったそうで、エピソードを添えてプレゼントできたらとても印象的なお土産になるはずです。

2. はっさく大福

因島のお土産として最近注目されているはっさく大福は、おりづるタワーショップでも大人気です。売り切れになることもあるのでご注意ください。

3. レモスコ

今や広島の名産品として名の知れたレモスコ。調味料は長く使えるので、料理をする方ならもらって嬉しいはずです。パスタやピザはもちろん、餃子や唐揚げ、カップ麺の味変にも使える万能調味料です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

広島市でおすすめの記事

広島市のアクセスランキング