与論島を満喫する観光スポット15選!エメラルドグリーンの海に癒される旅

与論島を満喫する観光スポット15選!エメラルドグリーンの海に癒される旅

奄美群島に属する与論島は、鹿児島県で最南端の離島です。鹿児島県奄美地方に属しているものの、地理的には沖縄本島に近く、その距離は20km少々しかありません。那覇から飛行機で1時間足らず、鹿児島空港からでも1時間半で行ける与論島は、海と砂浜の美しさで訪れる人を魅了します。1周約24kmとさほど大きくない島ですが、奄美と琉球の間にあることから、文化的にも沖縄とはまた違った魅力がいっぱい!今回は、南国リゾートの離島として注目の与論島について、おすすめの観光スポットをまとめてご紹介します。

目次

与論島を満喫する観光スポット15選!エメラルドグリーンの海に癒される旅

目次を閉じる

1. 百合ヶ浜

出典: kazenotobira

春~夏の干潮時、島の東の大金久海岸の沖合いに、幻の砂浜がぽっかりと現れます。名前のとおりまるでユリの花のように真っ白な百合が浜(ゆりがはま)を取り囲むのは、奇跡の透明度とも呼ばれる透き通った海!真っ白の砂州と水が水晶のようにキラキラと輝く光景は圧巻ものです。

またサラサラの砂のなかには可愛らしい星形のものがあり、ここで自分の歳の分だけ砂を拾うと幸せになれる、という言い伝えがあります。そしてなんと、この砂浜で結婚式を挙げることもできるというから驚き!とてもロマンチックな1日になりそうですね。

ちなみにこの幻の砂浜は、潮の満ち引きの関係で冬には訪れることができません。日によっても、現れる位置や時間帯も異なります。島の公式HPに出現スケジュールが公開されているので、与論島を訪れる際には必ずチェックしましょう。

2. 大金久海岸

出典: HiRo

与論島の周囲にはいくつもの砂浜がありますが、島内で最大のビーチがここ大金久海岸(おおがねくかいがん)です。真っ白な砂浜が約2kmにもわたって続き、エメラルドグリーンの海とのコントラストはため息物です。

百合ヶ浜へのグラスボートが出るのもこの海岸で、夏にはシュノーケリングやバナナボートといったマリンスポーツを楽しむ人でも賑わいます。グラスボートを運航する会社は複数あり、海岸入口にも受付があるほか、宿泊施設からの送迎つきプランなどもあるので事前に調べておくと安心ですよ。

ビーチにはシャワーやトイレも完備されているほか、飲食店やショップもいろいろあります。島のおばあちゃんたちの露店で、貝殻のアクセサリーなどを思い出に買ってみるのもいいですね。

3. 与論民俗村

琉球文化に近い与論島の暮らしや伝統について学ぶなら、こちらの与論民俗村がおすすめです。村内にはかつての古民家や島の生活に根付いていた民具、食物が保管されていた高床式倉庫などが移築、あるいは復元されています。

ただ見学するだけでなく、さまざまな体験ができるのも与論民俗村のポイント!草木染め体験や黒糖作り、1枚の木をくり抜く木枕作りなど、与論島の昔ながらの暮らしに触れることができますよ。これら体験教室のプランは予約制となっているので、前日までに申し込んでおきましょう。ほかにも施設内には民芸ショップがあり、与論島のお土産選びにももってこいです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

鹿児島でおすすめの記事

鹿児島のアクセスランキング