宮古空港のお土産にブーゲンビリアアクセサリーや宮古島サイダーはいかが?

画像出典:T2 / PIXTA(ピクスタ)

エメラルドグリーンの海と真っ白なビーチが美しい宮古島は、レンタカーで絶景を見ながらドライブしたり、美しいサンゴ礁の海をダイビングやシュノーケリングで満喫できるリゾートアイランド。この記事では宮古島で思いっきりマリンアクティビティを楽しんだあと、帰る直前に宮古空港で購入できるお土産をご紹介します。宮古空港では、1点物のブーゲンビリアアクセサリーをはじめ、宮古島サイダー、試食してから納得して買えるお菓子などおすすめのお土産品が勢揃い。帰り際に買えて便利なお土産や宮古空港でしか買えないお土産など、耳より情報をお伝えします。

[x] 閉じる

宮古空港のお土産にブーゲンビリアアクセサリーや宮古島サイダーはいかが?:目次

1. ブーゲンビリアのアクセサリー

ブーゲンビリアの花言葉は「情熱」「あなたは魅力に満ちている」。気持ちを高揚させる鮮やかな色が魅力的なブーゲンビリアは、宮古島市の市花でもあります。そんなブーゲンビリアの包葉(ほうよう)で作ったカラフルで透明感があるアクセサリーが、宮古空港で購入できるんですよ。

本物のブーゲンビリアを押し花にして手作りしたピアスやネックレスは、1つずつ色目も異なる1点もの。パワーストーンやシェルが付いたデザインもあります。幸せを呼び込むといわれるブーゲンビリアのアクセサリーはオシャレなお土産として、また宮古島の美しいビーチを思い出す自分用にもおすすめ。宮古空港2階の土産店「山野美」に置いてあるので、ぜひ寄ってみてくださいね。

2. 宮古島サイダー、雪塩アスリートソルト

宮古島の海の恵み「雪塩」は、宮古島の海水から作られたミネラル豊富なパウダー状の塩。宮古島を代表するお土産として有名な雪塩の直営店が宮古空港の2階にあります。定番の雪塩パウダーや雪塩顆粒はもちろん、雪塩キャンディや雪塩ラスク、雪塩ばうむくーへんなどのお菓子、雪塩石鹸や雪塩はみがきなどスキンケアなど、雪塩の商品がそろっています。

今回おすすめする雪塩のお土産は、ちょっと珍しいこの2点。美味しく塩分チャージができると好評の「宮古島サイダー」は、雪塩のやさしい塩味がくせになる上品なサイダー。液体なのでちょっと重いですが、スーツケースに空きがあるならお土産に1本買ってみませんか?もう1点は、タブレットタイプの「雪塩アスリートソルト」。こちらは軽くて持ち運びに便利なので、スポーツをされている方へのお土産にピッタリです。

3. パイナップルフィナンシェ

お土産選びで宮古空港の2階に並んでいるショップを見ながら歩いていると、「絶対美味しいから試食してみて!」と勧められた「パイナップルフィナンシェ」。気軽に味見してみると、あらほんとに美味しい!フィナンシェはパイナップルの形で見た目もかわいく、パッケージも南国感が漂っていて、宮古島のお土産にピッタリです。

ほかのお店のお土産品を見回ってから、と思って一回りしてみても、このパイナップルフィナンシェを置いているのはこの1店舗「空港市場」だけ。きっと戻って買ってしまうこと間違いなしのお菓子です。

4. 津嘉山荘特製「ラフテー」

宮古空港でも複数店舗で数種類の沖縄名産ラフテーを販売していますが、農家民宿「津嘉山荘」特製の豚三枚肉の煮込み「ラフテー」はいかが?じっくり時間をかけて煮込んだこの黒糖入りラフテーは絶品!農林水産大臣賞を受賞した本物の味をぜひお土産にどうぞ。

◎まとめ

宮古空港は大きな空港ではありませんが、2階のショッピングモールにはお土産店が並んでいます。宮古島や沖縄のお土産が一通りそろっているほか、限定品もあるのでぜひのぞいてみてくださいね。2階にはお土産店のほか、ファストフード店やレストラン、カフェなどもありとても便利。時間があれば、3階の送迎デッキで離着陸する飛行機を眺めるのもおすすめですよ。なお、ショップや飲食店の営業時間は朝8:00~19:30頃までと早めに終了するため、遅いフライトの方は注意してください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の宮古島行き格安航空券

宮古島でおすすめの記事

宮古島のアクセスランキング