海あり山ありヤマネコあり!対馬空港のオススメお土産6品のご紹介

画像出典:ja.wikipedia.org

長崎県対馬の空の玄関口対馬空港。やまねこ空港の別称の通り、独自の生態系に彩られた自然豊かな観光地の島です。離島の地方空港のためターミナルは小規模で、売店も1つしかありません。ですが対馬ならではのお土産は充実していて、やまねこ関連商品をはじめ、農産物や海産物など多くの気になる商品を購入できます。また対馬は韓国に近く、空港には韓国からのチャーター便が来港することもあります。古くは朝鮮との貿易の中継基地だった対馬には、国際交流から生まれたお土産品もありますよ。この記事では、対馬空港の売店で購入できるお土産を6品ご紹介します。

[x] 閉じる

海あり山ありヤマネコあり!対馬空港のオススメお土産6品のご紹介:目次

\この記事もおすすめ!/
長崎県対馬の観光スポット17選!韓国まで見えちゃう島

1. かすまき

かすまきは対馬を代表する銘菓です。その名の通りあんこをカステラで巻いたもので、江戸時代に参勤交代で帰国した藩主を迎えるために考案されたと伝えられています。シンプルながら優しい味わいで、いくらでも食べられてしまうお菓子です。

対馬空港では、一般的なこしあんのほか、白あんやつぶあんを巻いたものなど、いろいろな種類のかすまきが販売されています。また形も、伝統的な長い竿状のほかに、お土産にちょうど良い1口サイズに切り分けられた物も。職場や集まりなどで配る用のお土産にもピッタリですよ。

2. あまだい「紅王」

紅王は、対馬北端の上対馬町周辺で水揚げされるアマダイのブランドです。身が大きくて脂乗りがよく、それでいて甘味やしまりもしっかりしていることから、日本一の甘鯛の呼び声も高い逸品!通年で漁獲されますが、とくに5~1月の比較的暖かい時期に多く出荷されます。

対馬空港でお土産に買うなら、開いた干物がおすすめ。旨みが凝縮されて、そのまま焼き魚にするのとはまた違った風味が楽しめますよ。ただし、干しているとはいえ鮮度が重要なので、帰ったらなるべく早く調理するようにしましょう。

3. 焼酎「やまねこ」

もともと対馬では、ツシマヤマネコのことを「とらやま」や「とらげ」と呼んでいました。代わりに島で「やまねこ」といえば、かつては密造酒のことを指していたとか。そんな島の歴史にかけて造られたのが、麦米焼酎の「しまねこ」です。

対馬で焼酎といえば、この麦と米の混合焼酎が名物。名前やパッケージが可愛らしいだけでなく、麦米焼酎は対馬以外ではほとんど見られないので、お土産におススメです。大きさもいわゆる四合瓶(720ml)なので、それほどかさばることなく持ち帰ることができますよ。

4. 対馬やまねこグッズ

対馬に来たなら、固有種で絶滅危惧種のツシマヤマネコを見ずにはおけないですよね。対馬空港にはやまねこグッズもいろいろあるので、忘れずにお土産にゲットしましょう。ストラップや根付、ボールペン、トートバッグなどの小物は、お土産の定番。人にあげるならクッキーなどがおすすめですよ。

自分用なら、かわいらしいツシマヤマネコのぬいぐるみはいかがでしょう。さらに変わりどころでは、「佐護ツシマヤマネコ米」も人気。ヤマネコの写真やイラストが大きくプリントされた地元産のお米で、価格の一部はツシマヤマネコの保護活動費として寄付されています。

5. とんちゃん

とんちゃんは、とくに上対馬地域で戦後間もない時期から親しまれてきた郷土料理。醤油または味噌ベースの甘辛ダレに漬け込んだ豚肉を、キャベツやもやしなどの野菜と混ぜて炒めた料理です。対馬の在日韓国人が食べていたものを、地元の精肉店などが日本人向けに改良して今日に至っています。

B-1グランプリでシルバーグランプリを2度受賞しているなどB級グルメとして広まっていますが、他の創作グルメと比べて格段に歴史が長いのが特徴!朝鮮半島とのつながりの深い対馬だからこそ誕生した国際的な料理といえます。

対馬空港では、炒めるだけの状態にパックされたお土産用の対馬とんちゃんも販売されていますよ。ぜひご家庭でも、対馬の味を楽しんでみてください。

6. 華茸

どんこ、いわゆる干し椎茸は、対馬を代表する特産品の1つ。肉厚で香りが高く、食物繊維やビタミンDなどの栄養素も豊富なのが特徴です。対馬の独特の気候に育まれたシイタケは、大きいものでは8cmほどにもなるんですよ。

なかでも、対馬産原木で育てたブランドどんこ「華茸」は、まるで開花を待つ蕾のように見た目も美しい絶品!水で戻せば噛み応え抜群の食感とふくよかな香味が楽しめますよ。乾燥品なので、もちろんお土産にも最適。贈答用としても喜ばれること間違いなしです。

◎まとめ

対馬空港でおすすめのお土産5品をピックアップしました。ヤマネコの島ならではのグッズをはじめ、韓国に近い島ならではの郷土料理や、特有の自然条件をもつ島ならではの海産物に農産物など、対馬にはたくさんの珍しいお土産があります。ちなみに、やまねこ空港売店の営業時間は8時15分~18時30分。対馬空港へは、福岡空港または長崎空港からわずか35分です。短い空の旅で家路につく前に、最後の楽しみのお買い物を、対馬空港で楽しんでくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

対馬でおすすめの記事

対馬のアクセスランキング