ミシシッピ州の文化都市メリディアンでおすすめの観光スポット

画像出典:クレジット:DenisTangneyJr

アメリカ・ミシシッピ州の東部、ローダーデール郡の郡庁所在地であるメリディアンは、人口およそ41,000人でミシシッピ州では6番目に大きな都市となっています。市内には、ライリー・センターはじめ芸術や文化、歴史などに触れられるスポットが多くあります。また、メリディアンにはアメリカの国家歴史登録財に指定されている歴史地区が9つあり、さまざまな建築様式を見ることができます。今回はそんなミシシッピ芸術を満喫できるメリディアンでおすすめの観光スポットをご紹介します。

[x] 閉じる

ミシシッピ州の文化都市メリディアンでおすすめの観光スポット:目次

1. ライリー・センター

出典: Visit Mississippi

ライリー・センター(Riley Center)は、グランドオペラハウスとも呼ばれる会議場で、1972年に国立史跡に指定されました。ライリー・センターには収容人数が約950人の劇場と約200人のスタジオシアターのほか、大規模な展示ホール、ブレークアウトルームやボードルームがあり、 2,787平方mの会議スペースなどがあります。特徴的な建物の外観はメリディアンの元市庁舎の設計者でもあるGustavus Maurice Torgersonによって設計されました。今では町のランドマーク的存在になったライリー・センターは、メリディアンで外せないスポットになっています。

2. デンツェル・カルーセル

出典: Visit Mississippi

デンツェル・カルーセル(The Dentzel Carousel)は、メリディアンで有名な公園「ハイランド・パーク」にある博物館です。「Carousel」とはメリーゴーランドのことで、建物内には1904年に開催されたセントルイス博覧会のために制作された作品が展示されています。ひとつひとつ丁寧に手彫りで制作された動物たちはどれも温かみが感じられます。また、館内での観光が終わったらぜひ、Highland Parkも散策してみてください。市内でも歴史のある公園で、広大な敷地にはデンツェル・カルーセルのほかに蒸気機関車はじめ鉄道の歴史について学べる博物館もあります。

3. ソール・スチーム・フィード・ワークス

出典: James Case

ソール・スチーム・フィード・ワークス (Soulé Steam Feed Works)は、蒸気機関の歴史について学ぶことのできる博物館です。かつて工場であった頃、ここで生産された製品が世界中に世界中に出回っていました。現在は博物館となって当時使われていた蒸気機関など、さまざまな蒸気機関が展示されています。当時メリディアンが世界に誇った産業の歴史をぜひ、学んでみてはいかがでしょうか。

4. ミシシッピ・アーツ+エンターテイメント・エクスペリエンス

ミシシッピ・アーツ+エンターテイメント・エクスペリエンス(Mississippi Arts + Entertainment Experience)は、2018年にオープンしたメリディアンで新しい観光スポットです。ここでは、あらゆる分野におけるミシシッピの芸術とエンターテインメントを体験できる博物館となっています。博物館ではランド(Land)、ホーム(Home)、コミュニティ(Community)、チャーチ(Church)、ピーポー+プレイシズ(People+Places) グローバル・コミュニティ(Global Community)の6つをテーマに15つの常設展示室と2つの企画展示室で構成されており、写真やパネルの展示のみならず、ミシシッピ出身のアーティストや芸術文化が世界中にどのような影響を与えてきたなどを映像などで学ぶこともできます。また、ミュージアムショップではここでしか手に入らないアイテムがたくさん売られているのでお土産にもおすすめですよ!

◎まとめ

メリディアンで、おすすめのスポットをご紹介しましたが、いかがでしたか。今回ご紹介したスポットからもわかるようにメリディアンには美術館や博物館などの文化施設が多くあります。まだオープンしたばかりの話題の博物館や歴史を感じられる美術館など、あらゆるジャンルを楽しめます。メリディアンを訪れる際は今回ご紹介したスポトを参考にして、ぜひミュージアム巡りをしてみてくださいね!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

メリディアンでおすすめの記事

    メリディアンの記事はまだありません。

メリディアンのアクセスランキング