マラウイの商業の中心都市!ブランタイヤの観光の見どころ5選

マラウイの商業の中心都市!ブランタイヤの観光の見どころ5選

目次

マラウイの商業の中心都市!ブランタイヤの観光の見どころ5選

目次を閉じる

3. マラウイ国立博物館

出典: commons.wikimedia.org

ブランタイヤ市街の南東にあるマラウイ国立博物館(Museum of Malawi)は、所在地名をとってチチリ博物館とも呼ばれています。展示は館内と屋外に分かれていて、前者は主に自然史、後者は産業史に関する内容になっています。館内ブースには、マラウイに生息する動植物の標本や隕石衝突痕周辺の鉱物サンプル、人類の先史にまつわる資料などが展示されています。

また屋外展示も人気で、アフリカ内陸の開拓期に活躍したさまざまな種類の蒸気機関車が置かれています。どれも個性的で、ほかでは見られないような形のものばかり!とくに男の子は、大はしゃぎすること間違いなしでしょう。国立とはいえ規模は決して大きくありませんが、充実の内容で満足度の高い観光スポットです。

4. タバコオークション

タバコはマラウイの農業生産額の70%をも占める重要な特産品。ブランタイヤはタバコの集積地および加工業の中心地です。

毎年5月になると、ブランタイヤ西部のリンベ地区にある巨大なオークション会場で、タバコ葉の競りが開催されます。大きな麻袋にいっぱいに詰められたタバコの葉に、仲買人が手際よく値を付けていくようすは、日本の魚市場や青果市場の競りと同じ!あれよあれよという間に麻袋に値札が挿されていきます。

日本の競りと同じく基本的に観光向けのものではないので、自由に見学することはできません。地元の観光ツアーに参加して、遠巻きに雰囲気を味わうようにしましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ブランタイヤでおすすめの記事

    ブランタイヤの記事はまだありません。

ブランタイヤのアクセスランキング