エアーズロック(ウルル)周辺の観光スポット|ラクダに乗ってのんびり満喫

画像出典:wata51 / PIXTA(ピクスタ)

エアーズロック(ウルル)周辺の観光スポット|ラクダに乗ってのんびり満喫

エアーズロックは、オーストラリア大陸のほぼ中央にある世界最大級の一枚岩。オーストラリアらしい観光のハイライトともいえる一大観光地には、滞在施設やショッピングセンターなどを備えるエアーズロックリゾートがあります。広大な赤土の大地には先住民族アボリジニの文化が色濃く残り、正式名称を先住民語で「ウルル」というエアーズロック。その姿から「世界のへそ」とも呼ばれる大岩には世界中から観光客が訪れています。そんなエアーズロック周辺のおすすめ観光スポット4選をご紹介します。

目次

エアーズロック(ウルル)周辺の観光スポット|ラクダに乗ってのんびり満喫

1.ウルル

出典: 大山 友紀 / PIXTA(ピクスタ)

エアーズロックという呼び方は、発見当時の南オーストラリア首相、ヘンリー・エアーズに由来したもの。正式名称は先住民族アボリジニの言葉で、「ウルル」です。1987年にはウルル=カタ・ジュタ国立公園として、ユネスコ世界遺産に登録されました。

世界第2位の一枚岩で、高さ約340m、周囲約9.4kmという規模!地上に出ている部分は岩全体の1割に過ぎず、30kmほど離れた彼方に見える36個の巨岩群カタ・ジュタと地中で繋がっているといわれています。

陽の傾き加減で岩肌の色が変わって見えるため、サンセットとサンライズ観賞が観光の目玉!そんな有名観光地であるエアーズロックには、先住民アボリジニの大切な聖地という側面もあります。2019年10月26日から登頂することは禁止になりましたが、展望台や空から眺めたり、ラクダに乗ってのんびり観光、はたまたハーレーダビッドソンでの激走などさまざまな楽しみ方ができますよ!

2.カタ・ジュタ

出典: minnieuki / PIXTA(ピクスタ)

エアーズロックから約30キロの地にあるもう一つの観光の目玉が「カタ・ジュタ」。カタ・ジュタはアボリジニの言葉で「多くの頭」を意味します。英語名で「マウント・オルガ」とも呼ばれるこの観光スポットは、36個の岩からなる巨岩群です。広さ約22平方キロの地に広がる奇岩群に目を奪われることでしょう。エアーズロックと同様に世界遺産に認定されています。

ウォーキングコースが設置されており、4キロで約1時のコースと7キロで約4時間のコースが楽しめます。7キロのコースでは「風の谷」と呼ばれるポイントがあり、その名の通り吹き抜ける風と素晴らしい景勝が観光できますよ。途中に給水所もありますが、必ず飲み物と日焼け止めの準備は万全にしていきましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

エアーズロックでおすすめの記事

エアーズロックのアクセスランキング