沖縄本島北西に浮かぶ伊江島の巡り方。交通手段の紹介と使い分けについて

画像出典:うっちー / PIXTA(ピクスタ)

沖縄本島北西に浮かぶ伊江島の巡り方。交通手段の紹介と使い分けについて

沖縄本島の北、たった9kmの距離に位置する伊江島。青い海に浮かんだこの小さな島が、今、人気です。本部港から伊江島までフェリーで約30分と、本島から手軽に遊びにいける離島。そんな伊江島を巡るのに便利な交通手段を、それぞれの利用方法や注意点、メリットやデメリットなどを織り交ぜ、3パターンでご紹介します。あなたならどの交通手段を利用して伊江島を巡りますか?

目次

沖縄本島北西に浮かぶ伊江島の巡り方。交通手段の紹介と使い分けについて

1. 「レンタカー&フェリー」気ままにのんびり旅

まずは、沖縄本島でレンタカーを借りてフェリーに乗船し、そのまま伊江島に向かう方法があります。時間や荷物の制約がなく、気が向いたところへすぐ行けるレンタカーの魅力を最大限に発揮。子供連れのファミリーやグループ、手荷物が多いアウトドア派には、本島からレンタカーで移動するのが楽でおすすめです。

フェリーの乗船予約を取っておき、出航の30分前までには港に着くよう余裕を持って向かいましょう。車種によって異なりますが、運転手1名と車のフェリー往復乗船料は、5000円前後です。

伊江島についてからレンタカーを借りることもできますよ。伊江港フェリーターミナルの周辺に数件お店がありますが、台数が限られるので予約をしておくとスムーズでしょう。

2. 「タクシー」小さな島だからこその贅沢!

少人数での旅行におすすめしたいのがタクシーです。伊江島のタクシーはとてもリーズナブル。初乗りなんと430円。お土産がふえてちょっと疲れたとき、遊びすぎて力尽きたとき、電話で呼べば来てくれます。いつでもどこでも、ちょっとした移動にも気軽に利用できるタクシーのメリットをぜひ活用してください。

そして、島の見どころを効率よく回りたいという方におすすめしたいのが、タクシーを貸し切って観光するプラン。1時間、2時間、3時間と所要時間に応じてオリジナルコースを提案してもらえます。島に詳しいタクシードライバーのガイドつきで伊江島を巡るのも、また楽しい旅行になりますよ。

3. 「レンタサイクル」でゆったりと南国を満喫!

伊江島を自分のペースでゆったりと回りたいという方におすすめなのが、レンタサイクル。自転車でゆっくりと島の絶景スポットを巡れば、まるで伊江島の住民になったかのような気分を味わえます。費用もレンタカーやタクシーに比べて安価。体力と時間に余裕があれば、ぜひ利用してほしい交通手段です。

レンタサイクルのショップも、レンタカーと同じくフェリーが到着する港の目の前にあります。10名以上なら団体レンタル割引などのサービスを活用してみんなでワイワイ、サイクリングレースのように島を巡るツアーを企画するのも面白いかもしれません。

ちょっとした寄り道や地元の人とのふれあいを通して、車やバイクでは気づかないようなローカルの魅力を発掘できるのが自転車で巡る醍醐味。自転車はちょっとしんどい、という方なら電動アシスト自転車やレンタルバイクを利用しても良いでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の伊江島行き格安航空券

伊江島でおすすめの記事

伊江島のアクセスランキング