伊勢志摩の賢島でのんびりステイ!リアス式海岸の絶景を満喫する観光旅行

画像出典:masamasa625 / PIXTA(ピクスタ)

伊勢志摩の賢島でのんびりステイ!リアス式海岸の絶景を満喫する観光旅行

2016年5月に「G7伊勢志摩サミット」が開催され全国的に知られるようになった「賢島(かしこじま)」は、三重県東部、志摩半島の英虞湾(あごわん)にある島です。英虞湾は、複雑で入り組んだリアス式海岸に、大小合わせて60を超える島が浮かぶ景勝地。その島々の中で最も大きな賢島は、本土との距離わずか10m弱!とても近い上、賢島大橋で結ばれているので島に渡ったという実感はありません。島内には近畿日本鉄道(近鉄)の賢島駅もあり、電車でも車でも楽にアクセスできます。真珠養殖で知られ、別荘や保養所、高級リゾートホテルが建つリゾート島「賢島」へ、観光と遊びに行ってみませんか。

目次

伊勢志摩の賢島でのんびりステイ!リアス式海岸の絶景を満喫する観光旅行

目次を閉じる

1. 賢島の魅力

出典: Miyuki Meinaka (CC BY-SA 4.0)

伊勢志摩国立公園内にある賢島は、風光明媚な美しい自然、伊勢から近いロケーションや交通の便の良さ、豊富な海の幸などが魅力的で、ゆっくり滞在するのにおすすめなリゾート観光地です。それに加え、海に囲まれた地形が警備面に向いていることから、G7伊勢志摩サミットの開催地に選定されました。

伊勢志摩サミットの会場となったのは、賢島大橋南西の広大な敷地に建つ「志摩観光ホテル」。志摩観光ホテルは宮内庁御用達であるとともに、迎賓館の役割を担ってきた老舗の高級リゾートホテルです。客室の窓から英虞湾の深く美しい入り江の景色を眺められるという、贅沢な時間を過ごせますよ。

賢島南岸に建つ和風の温泉リゾート「賢島宝生苑」では、伊勢志摩サミットの議長国記者会見が行われました。自慢の展望大浴場と庭園露天風呂で英虞湾の絶景を眺めながら、ツルツルの温泉にゆったり浸かれます。

2. 志摩マリンランド

出典: Miyuki Meinaka (CC BY-SA 4.0)

賢島駅から歩いてすぐ、賢島の北東部には2016年3月にリニューアルオープンした「志摩マリンランド」があります。

賢島周辺に生息しているマンボウは、この水族館のマスコット的存在。マンボウ館では、のほほんとのんきに泳ぐ姿がおもしろいマンボウたちの姿を見ることができますよ。また、日本で獲れた最大のマンボウをモデルにした大きなマンボウのモニュメントは、人気の記念撮影ポイントになっています。

周囲360度を取り囲む大きな回遊水槽は、ブリをはじめとした約50種2500匹もの魚が泳ぐ水族館最大の水槽。海女さんが白い磯着姿で餌付けする実演は必見です。ドクターフィッシュ水槽では、実際に手を水の中に入れてドクターフィッシュを体験してみましょう。水族館裏方探検やペンギンタッチなどの体験イベントは、事前に公式サイトからの予約が必要です。

志摩マリンランドは、海の生き物の過去から現在までの姿を紹介するというコンセプトの水族館。古代館ではカブトガニやオウムガイなどの生きた化石を水槽で飼育するとともに、シーラカンスなど古代魚の化石を展示しています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

伊勢志摩でおすすめの記事

伊勢志摩のアクセスランキング