西の京と呼ばれる山口市で魅力的なおすすめの観光スポット6選

画像出典:nekotank

西の京と呼ばれる山口市で魅力的なおすすめの観光スポット6選

GoToキャンペーンバナー

目次

西の京と呼ばれる山口市で魅力的なおすすめの観光スポット6選

目次を閉じる

4.長門峡

出典: なごみかば / PIXTA(ピクスタ)

長門峡は、山口市阿東から萩市川上にまたがる阿武川沿いの山口を代表する渓谷で、国指定の名勝地になっています。春は、桜をはじめフジやコブシなどのきれいな花が見られバードウォッチングなども楽しむことができます。夏は、新緑が美しく避暑地としても人気が高く、キャンプなどで訪れる若者などで賑わいます。

秋は、県内有数の紅葉の名所と知られ、山々が赤く染まる絶景の紅葉を一目見ようとたくさんの人が訪れます。冬は、絵に描いたような雪景色を堪能でき、また運が良ければ群猿が木間でたわむれる姿も見ることができます。そんな四季を通じてさまざまな楽しみ方がある長門峡には、年間60万人以上の観光客が訪れる人気の観光スポットとなっています。

また、観光用に設置された5.5kmの遊歩道は、ハイキングやトレッキングの人気コースにもなっています。そのほか、長門峡の名物となっている阿武川で捕れる鮎を使った料理を楽しめるお店が竜宮淵入り口周辺に並んでいるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

5.道の駅きららあじす

2005年に山口県で18番目の「道の駅」としてオープンした道の駅きららあじす。施設内には、地元の新鮮な野菜や瀬戸内海でとれた海の幸をはじめ、特産品の寒漬・しょうゆ玉などが売られている直売店、併設の工房で作られたできたてパンが食べられるベーカリーやもち工房、レストランもあります。

ちょっとした休憩やおみやげ探しにもおすすめのスポットで、きっとピッタリなものが見つかるでしょう。また、軽食コーナーで販売されている阿知須のかぼちゃソフトクリームは、こちらの看板メニューとなっており、大変人気となっています。道の駅きららあじすに立ち寄った際は、ぜひ味わっておきましょう!

6.湯田温泉

出典: Tzuhsun Hsu

開湯およそ600年と歴史ある湯田温泉は、その昔、けがをした一匹の白狐がこの地の湯に浸かって傷を癒やしていたという「白狐伝説」が伝わる山陽路随一の温泉街です。1日におよそ2000トンの湯が湧いており、透明の弱アルカリ性単純泉の湯は肌にやさしく美肌効果があるそうです。

温泉街の周辺は、ビジネスホテルや旅館などが多く立ち並び、繁華街も近いので飲食店もたくさんあり地元グルメも堪能できます。湯田温泉は、車でJR山陽新幹線新山口駅からおよそ20分、山口宇部空港からはおよそ40分とアクセスもよく、県内の主要な観光スポットにも車で1時間から1時間ほどあれば行くことができるので、宿泊するのにも大変便利なスポットになっています。

温泉街には、湯田温泉のマスコットキャラクターの白狐の「ゆう太」くんがマンホールのふたやオブジェなどで見つけることができるので、ぜひ探してみてくださいね。また最近湯田温泉は、足湯に力を入れており、温泉街にある公園の中などに計5か所設置されています。気軽に楽しめ、リフレッシュにもなるのでぜひ利用しましょう!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

山口市でおすすめの記事

山口市のアクセスランキング