西の京と呼ばれる山口市で魅力的なおすすめの観光スポット6選

画像出典:nekotank

1552年12月24日にイエズス会宣教師が、司祭館に日本人信徒を招いてクリスマスの祝を催したことがきっかけで山口は日本のクリスマスの発祥の地と言われています。今回はそんな西の京都とも言われる山口市でおすすめの観光スポットをご紹介します。

[x] 閉じる

西の京と呼ばれる山口市で魅力的なおすすめの観光スポット6選:目次

1.瑠璃光寺

出典:nekotank

瑠璃光寺は、曹洞宗の寺院で、本尊は薬師如来。経文や画像など多くの寺宝が所蔵され、境内は香山公園と呼ばれ桜や梅の名所としても有名。1471年に陶弘房の夫人が夫の菩提を弔うために創建された寺は、当初は安養寺と呼ばれ、1492年に瑠璃光寺と改められました。この地にあった香積寺は、1604年にに萩に移され、その後にこの瑠璃光寺が1690年に仁保から移り来たものとされています。

瑠璃光寺の五重塔は、全国に現存する五重塔のうちで10番目に古く、美しさは日本三名塔の一つとされ、室町中期における建造物の中で最も優れていると評されています。国宝にも指定されている五重塔は、山口市のシンボルとして桜や楓の裏山をバックに、大内文化を奥床しげに伝えています。夜間もまた、日没から22時までライトアップされ、違う趣があり見どころの一つ。山口市を代表する定番の観光スポットとも言えるので、ここはぜひ訪れておきましょう。

2.山口県立美術館

山口県立美術館は、「山口県の特色を発揮する郷土色豊かな美術館」「県民が参加する開かれた美術館」を掲げ、1979年に開館されました。開館以来、中世大内文化以降の郷土文化の掘り起こしや、山口県ゆかりの作家の企画展を開催するとともに、古今東西のあらゆる美術や文化を紹介する展覧会も行われてきました。

美術館は、市内の中心部にありながら周辺は公園が広がり緑に囲まれ落ち着いた環境の中にあります。館内自体は小ぢんまりとしており、ゆったりとミュージアムカフェで一息つくのもおすすめ。常設展では雪舟や狩野芳崖の作品を中心に展示されており、特別展ではこれまでに篠山紀信展や山下清展など日本を代表する芸術家たちの展示がされてきました。

また、開館して30年以上を経て2011年度には改修工事が行われ、ロビーがより開放的な空間になり、展示室は模様替えされ、ミュージアムショップも拡充されました。また、講座室や敷地内遊歩道の整備なども行われ、以前よりも気軽に利用しやすくなった美術館へと生まれ変わりました。周辺には、観光スポットも点在しているので、ぜひ併せて訪れてみてはいかがでしょうか?

3.山口サビエル記念聖堂

山口サビエル記念聖堂は、1952年にザビエルの来日してから400年を記念して建てられたカトリック教会。初代の聖堂はザビエルの生家であるスペインにあるハビエル城をモデルに建てられましたが、1991年には火災で焼失してしまいました。その後イタリア人の神父と建築家のデザインによって、現在の建物が1998年に建てられました。高さ50mを超える2本の高い塔は、あまり高い建物がない山口市では遠くからでもよく目立ち、市のランドマークにもなっています。

聖堂は2本の塔とテントをイメージして作られたという三角錐の形が印象的で、従来のカトリック教会にはなかった斬新なデザインとなっており、礼拝堂内部にはたくさんのステンドグラスが見ることができるほか、オルガンが設置されています。また、毎日午前7時から午後9時までの間には15分ごとにイタリア製カリヨンの鐘が鳴らされ、その透き通るきれいな音にはうっとりしてしまいますよ。

4.長門峡

出典:なごみかば / PIXTA(ピクスタ)

長門峡は、山口市阿東から萩市川上にまたがる阿武川沿いの山口を代表する渓谷で、国指定の名勝地になっています。春は、桜をはじめフジやコブシなどのきれいな花が見られバードウォッチングなども楽しむことができます。夏は、新緑が美しく避暑地としても人気が高く、キャンプなどで訪れる若者などで賑わいます。

秋は、県内有数の紅葉の名所と知られ、山々が赤く染まる絶景の紅葉を一目見ようとたくさんの人が訪れます。冬は、絵に描いたような雪景色を堪能でき、また運が良ければ群猿が木間でたわむれる姿も見ることができます。そんな四季を通じてさまざまな楽しみ方がある長門峡には、年間60万人以上の観光客が訪れる人気の観光スポットとなっています。

また、観光用に設置された5.5kmの遊歩道は、ハイキングやトレッキングの人気コースにもなっています。そのほか、長門峡の名物となっている阿武川で捕れる鮎を使った料理を楽しめるお店が竜宮淵入り口周辺に並んでいるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

5.道の駅きららあじす

2005年に山口県で18番目の「道の駅」としてオープンした道の駅きららあじす。施設内には、地元の新鮮な野菜や瀬戸内海でとれた海の幸をはじめ、特産品の寒漬・しょうゆ玉などが売られている直売店、併設の工房で作られたできたてパンが食べられるベーカリーやもち工房、レストランもあります。

ちょっとした休憩やおみやげ探しにもおすすめのスポットで、きっとピッタリなものが見つかるでしょう。また、軽食コーナーで販売されている阿知須のかぼちゃソフトクリームは、こちらの看板メニューとなっており、大変人気となっています。道の駅きららあじすに立ち寄った際は、ぜひ味わっておきましょう!

6.湯田温泉

出典:Tzuhsun Hsu

開湯およそ600年と歴史ある湯田温泉は、その昔、けがをした一匹の白狐がこの地の湯に浸かって傷を癒やしていたという「白狐伝説」が伝わる山陽路随一の温泉街です。1日におよそ2000トンの湯が湧いており、透明の弱アルカリ性単純泉の湯は肌にやさしく美肌効果があるそうです。

温泉街の周辺は、ビジネスホテルや旅館などが多く立ち並び、繁華街も近いので飲食店もたくさんあり地元グルメも堪能できます。湯田温泉は、車でJR山陽新幹線新山口駅からおよそ20分、山口宇部空港からはおよそ40分とアクセスもよく、県内の主要な観光スポットにも車で1時間から1時間ほどあれば行くことができるので、宿泊するのにも大変便利なスポットになっています。

温泉街には、湯田温泉のマスコットキャラクターの白狐の「ゆう太」くんがマンホールのふたやオブジェなどで見つけることができるので、ぜひ探してみてくださいね。また最近湯田温泉は、足湯に力を入れており、温泉街にある公園の中などに計5か所設置されています。気軽に楽しめ、リフレッシュにもなるのでぜひ利用しましょう!

◎まとめ

西の京と呼ばれる山口市をご紹介しましたが、気になるスポットはありましたか?都会のガヤガヤした雰囲気はなく、また国内外の観光客であふれている京都をはじめ人気の観光都市とは異なり、ゆったりとした中で建築物や自然などを楽しめます。ぜひ、山口市を訪れた際は観光・自然・グルメと思う存分満喫しましょう!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

山口市でおすすめの記事

山口市のアクセスランキング