鳥取県八頭郡の観光スポット7選。ピンクに染まって恋する観光!

画像出典:kochan / PIXTA(ピクスタ)

鳥取県八頭郡の観光スポット7選。ピンクに染まって恋する観光!

八頭(やず)は鳥取市の南方に広がる地域。東に名峰氷ノ山がそびえる静かな山里です。八頭郡は八頭町・若桜町・智頭町の3つの町から成っていて、それぞれに観光の特色があります。また郡内には、若桜鉄道と智頭急行という2つの私鉄があります。前者にはピンクの機関車が走り、後者にはピンク色に染まった観光名所の駅が!この記事では、そんな鳥取県八頭郡にある観光スポットを7つご紹介します。

目次

[x] 閉じる

鳥取県八頭郡の観光スポット7選。ピンクに染まって恋する観光!

1. 若桜鉄道

出典: kochan / PIXTA(ピクスタ)

JR郡家(こおげ)駅と若桜(わかさ)駅を結ぶ若桜鉄道は、JR西日本から運行を引き継いだ第三セクター。20kmに満たない短い路線で、何度も廃線の危機を迎えましたが、観光客を呼び込む工夫と努力で乗り越えてきました。

数種類保有しているSLや終点若桜駅の転車台などは、もちろん鉄道ファン垂涎の観光スポット。4~11月の第3土曜日に行われる機関車の体験運転は、ちびっ子にも大人気です。申し込み時期は月末~月始めにホームページで告知されます。

ほかにも枕木オーナーや記念切符の販売など、観光客の心をくすぐる企画がいっぱい!単線に揺られて、のどかな八頭の景色を楽しんでみてください。

2. 恋山形駅

出典: PJ / PIXTA(ピクスタ)

八頭郡のもう1つの私鉄智頭急行が始点の智頭駅を出発して次に到着するのは、駅舎からフェンスから、何から何までピンクに染まった恋山形駅!もともとは「因幡山形駅」となる予定でしたが、過疎化を憂う地元住民の要望で、「来い」にかけた恋山形駅になりました。

やっちゃった感もここまでくると、もはやいっぱしの観光名所!ハート形の駅名標がかかるホームには、ハートのモニュメントにハート形の絵馬を掲げるコーナーまで。観光客のために、普通列車はこの駅に5分ほど停車します。

駅の入口にはピンク色のポストもあるので、恋山形駅から恋しいあの人に恋文を送ってみるというのも面白いですね。

3. 鬼ヶ城

出典: たき / PIXTA(ピクスタ)

若桜市街を見下ろす鶴尾山にあった若桜鬼ヶ城は、因幡三名城の1つに数えられる大きなお城。その荒々しい名前と対照的に、政治的にも重要な拠点として、江戸時代初期まで使われていました。

若桜藩3万石の居城として整備された石垣が今も随所に残り、立派な近代城郭であったようすがうかがえます。車があれば山頂近くまで行けるので、観光のアクセスも容易。城跡からは若桜の町並みが一望できますよ。

城跡というとお隣兵庫県の「天空の城」こと竹田城が有名ですが、累々と残る石垣の美しさでは、若桜鬼ヶ城も負けてはいません。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

智頭町でおすすめの記事

智頭町のアクセスランキング