祇園を徒歩で観光!四条河原町~八坂神社~石塀小路|京都東山散策コース

画像出典:hiyopapa / PIXTA(ピクスタ)

祇園を徒歩で観光!四条河原町~八坂神社~石塀小路|京都東山散策コース

世界的に名高く美しい都、京都。数日の旅行日程ならほんの一部しか観光できないほど、群を抜く観光スポットの多さを誇る歴史とモダンが共生する都市です。「東山をまわろう!」などエリアを区切って観光するのがコツですが、さらに今回は東山の中でも「祇園(ぎおん)」周辺に限定してご紹介。八坂神社や円山公園、高台寺、建仁寺など格式高い神社仏閣、舞妓さんに会えるかもしれない白川南通や花見小路など、祇園という狭い範囲でも多数の観光スポットがあるのはさすが京都!さっそく”はんなり”を楽しむ祇園観光に出かけましょう。

目次

祇園を徒歩で観光!四条河原町~八坂神社~石塀小路|京都東山散策コース

目次を閉じる

1. 四条河原町から四条大橋へ。まず、鴨川周辺を楽しもう

祇園四条

出典: gandhi / PIXTA(ピクスタ)

四条河原町(しじょうかわらまち)は京都の有名な繁華街であり、祇園祭の山鉾巡行で「辻回し」が行われる有名な場所。ここの地下には、阪急電鉄京都線の終点である河原町駅があります。

「祇園を観光する」といっても、スタート地点や巡り方などに決まりはないので、どうやって回れば良いの?といった声を聞くこともしばしば。そこで今回は京都で生まれ育った筆者が、京都観光に訪れた友達をガイドするというプランをイメージしてみました。では、四条河原町から祇園エリアを歩きながら順に観光していきましょう。時間がない場合は、一部をピックアップしてもOKですよ。

◆四条大橋

四条大橋

出典: vito / PIXTA(ピクスタ)

四条河原町から四条通を東方面に歩いていくと鴨川が見えてきます。鴨川は、下鴨神社から三条大橋、四条大橋の下を大阪に向かって流れる淀川水系の一級河川。四条通にある鴨川に架かる橋が「四条大橋」です。

四条大橋の手前側、西詰の南角にあるのは中華料理レストランの「東華菜館」。橋の向こう側に見えるのは「南座」です。

◆東華菜館

東華菜館

出典: KAZE / PIXTA(ピクスタ)

鴨川沿いの四条大橋南西角に、歴史ある建築物があります。目を惹かれるレトロなこの建物は、1926年に建てられた「東華菜館」。登録有形文化財に指定されている北京料理店で、本格的な中華料理を味わえるのはもちろん、日本に現存する最古のエレベータがあることで有名!大正時代そのままの内装や調度品も必見です。

◆鴨川座って休憩。鴨川納涼床は夏の風物詩

鴨川納涼床

出典: えせ京都人 / PIXTA(ピクスタ)

鴨川は、カップルが等間隔に座ることで知られます。観光の行きか帰りどちらでも構いませんので、ぜひ一度、鴨川の河原へ下りて座ってみてください。なぜ多くの人たちがここに座るのか?という疑問が解けますよ!鴨川を前に、腰かけて緩やかに流れる川を眺めていると、自然と心が落ち着くのを感じます。

夏の鴨川には京都の風物詩「納涼床(のうりょうゆか)」がオープンし、さらににぎわいを増します。

◆南座(京都四條南座)

祇園南座

出典: commons.wikimedia.org

毎年歳末を迎えると、年の瀬の風物詩ともいえる「吉例顔見世興行(きちれいかおみせこうぎょう)」の映像がニュースで流れるのを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。ここ「南座」では、大入りを願って勘亭流のフォントで書かれた木製看板「まねき」が劇場正面に掲げられます。

出雲阿国(いずものおくに)による歌舞伎の起源とされる南座は、今も上演され続けている日本最古の劇場。正式名は「京都四條南座」で、桃山風破風造りの建物が目を引きます。歌舞伎に限らずミュージカルやコンサートなど多彩な演目が公演されているので、ぜひ演目をチェックしてみましょう。

2. 花街の石畳を散策

四条大橋と八坂神社の間には、北側に「白川南通」、南側には「花見小路通」という祇園花街の雰囲気を味わえる石畳の道があります。どちらも京都らしさを感じてみたい観光や街並み散策におすすめの場所。もしかしたら舞妓さんに会えるかもしれません!

◆白川南通

白川南通

出典: 寄稿者: Sean Pavone

四条大橋を渡った北側には、小さな空間に京都らしさがギュッと詰め込まれているかのような人気の観光スポットがあります。南座を見たら北へ少し回り道して、伝統的建造物群保存地区に指定された祇園白川の石畳の道を歩いてみませんか。

白川の流れに沿った「白川南通」は、枝垂桜と柳が揺れる約200m続く石畳の道です。映画やドラマでお馴染みの辰巳大明神(たつみだいみょうじん)、白川に架かる巽橋(たつみばし)など、花街のムード漂う白川南通周辺はどこを撮っても絵になる風景。桜の季節は一層美しく、ライトアップされた様子も幻想的で、多くの観光客でにぎわっています。雨に濡れた石畳もしっとりして趣がありますよ。

白川南通

出典: Sean Pavone

周辺には町家造りの料亭やフランス料理店が軒を連ねており、観光ではちょっと敷居が高いイメージがするかも。そんな方にはランチタイムがオススメ。手の届く価格帯のお店を探してみたり、近年増えてきたオシャレなカフェでまったりとした時間を過ごすのもいいかもしれません。

◆花見小路通

花見小路通を歩く舞妓さん

出典: PR Image Factory

祇園という言葉を聞いてイメージする場所のひとつが「花見小路通(はなみこうじどおり)」。花見小路通は、南座と八坂神社のちょうど中間あたり、四条通と交差している道ですが、四条通をはさんだ南北で雰囲気がまったく異なっています。

祇園らしいあでやかさを感じる散策観光なら、四条通から南へ向かう花見小路通がおすすめです。

花見小路通

出典: gandhi / PIXTA(ピクスタ)

石畳が敷かれた道の両側には、お茶屋さんや料亭など木造の由緒ある建物が建ち並んでいて、まさに花街の祇園を体感できる場所。この花見小路通は建仁寺まで続いています。

花見小路通の散策観光は、建仁寺を参拝したあと四条通へ戻る時にゆっくりすることにして、今は四条通から花見小路通の様子を伺うだけ、もしくはちょっと歩くだけにして、このまま四条通をまっすぐ八坂神社へ向かいましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の京都市行き格安航空券

京都市でおすすめの記事

京都市のアクセスランキング