高崎の観光スポット11選!定番スポットからぐんまちゃんまでご紹介

画像出典:dorry/PIXTA(ピクスタ)

群馬県高崎市には楽しく観光できる場所がたくさんあります。神社や自然、美術館などといった落ち着いて過ごせる定番の観光スポットのほか、いまや全国的にも有名な群馬県のゆるキャラ「ぐんまちゃん」のお店といった新しい観光スポットまで。群馬のおいしいご当地グルメも有名なので、観光の際にはぜひおさえていただきたいもの。

古くから交通の要として栄えていた高崎は、現在でも上越新幹線、北陸新幹線も通っており、高速道路も関越道、上信越道、北関東道が走っています。そのため、首都圏から訪れやすいだけではなく、全国からも訪れやすい観光に向いている場所なんですよ。今回は、そんな魅力があふれる高崎市でおすすめ観光スポットを12ヶ所ご紹介していきます。

[x] 閉じる

高崎の観光スポット11選!定番スポットからぐんまちゃんまでご紹介:目次

1.榛名神社

榛名山にある榛名神社は、パワースポットとしても注目を集めている観光名所です。その歴史はなんと1,400年以上。巨岩や奇岩、木々、川といった豊かな自然に囲まれた春名神社は、神社の入り口から本殿にいたるまでの約700mを歩けばその自然を存分に感じることができます。

休憩処ではお土産を買ったり、ご当地グルメであるこんにゃくを食べることもできますよ。山門から神社までの参道はちょっと距離があり、また、山道でもあるので途中で休憩をとることができるのは嬉しいポイント。水で濡らすと文字が浮き出てくる、人気のおみくじもぜひお試しくださいね。

2.榛名湖

榛名湖は、榛名山の火山活動によってできた火口原湖です。榛名富士がきれいにうつる湖面を周囲から眺めるのも良いですが、遊覧船や貸出ボートで湖面に出てみるのも楽しいですよ!湖畔にはトテ馬車があり、馬にひかれる馬車に乗りながら湖畔を観光することもできます。

湖畔をぐるっと一周するコースは1時間ほど。人数やルートによってさまざまなコースがあるので、シーンにあわせて選んでみてください。12月初旬から下旬にかけてはイルミネーションフェスタが開催され、色とりどりのイルミネーションが湖面を彩ります。花火の打ち上げもあるので、時期をあわせて訪れてみましょう。

3.榛名富士(榛名山)

榛名山は、赤城山、妙義山と共に「上毛三山」に数えられている山です。山頂の火口原湖を取り囲む榛名富士、烏帽子岳、天目山、相馬山、部ケ岳といった山々の総称として「榛名山」とされています。数々の山のなかで代表格ともいえるのが、この榛名富士。名前に「富士」を冠するだけの資格がある美しい山です。

榛名湖畔から眺めるその姿は、小さいながらもまさに富士山型。湖面に映った風景を写真に収める観光客の方も多いですよ。山頂には徒歩でも登れますし、ロープウェイも完備。徒歩の場合は30分もあれば登れるほどの距離なので、軽い運動にもなっておすすめです。

ロープウェイは3分程で山頂まで登れてしまいますが、自然を見下ろしながらスイスイ進むことができるのでとても気持ちが良いですよ!登りはロープウェイ、下りは徒歩というように、両方楽しむのも良いですね。

4.高崎白衣大観音

高崎市のシンボルといっても過言ではない、静かに高崎市を見守り続ける「高崎白衣大観音」。地元では「観音様」と呼ばれて親しまれています。その観音様の足元に広がる慈眼院を参拝するのもオススメ!しかし、せっかく来たからには観音様の「胎内拝観」をぜひお試しください。

胎内拝観は、文字通り観音様の中に入ることができます。中に入ると、胎内には仏像などが置いてあり、約150段からなる階段も備え付けられています。それを上って頂上に辿り着くと、高崎市の絶景を眼下にご覧頂けますよ。

5.洞窟観音

洞窟観音は、呉服商であった山田徳蔵氏によって大正8年(1919年)から、氏が亡くなるまでその生涯をかけて造られました。多くの人が集い楽しめる霊場をイメージして造られた洞窟内には、名石彫であった楽山の手による観音像39体をはじめとした石彫や、深山幽谷を模した渓流が不思議な空間をつくり出しています。

洞窟内の坑道の長さは約400m。機械のない時代にすべて人力で行われた工事は、想像を絶するものがありますよ。洞窟観音と一緒につくられた回遊式日本庭園の「徳明園」や、山田徳蔵氏の北沢楽天コレクションが展示された「山徳記念館」もあわせて観光に訪れてみてください。

6.少林山達磨寺

少林山達磨寺は、ダルマさんで有名な達磨大師にゆかりのある禅寺です。高崎はダルマの町としても有名ですよね。縁起物として全国的に知らない人はいないであろう、張り子のダルマはこのお寺が発祥です。ダルマの奉納場所でもあるので、全国から相当数のがこのお寺にやってきます。

境内にある達磨堂では、全国の様々な形をしたダルマがされています。一言でダルマといってもそのフォルムは多種多様。意外な姿に驚いたりと、楽しく拝観することができますよ。こちらのお寺は、著名な建築家ブルーノ・タウトが滞在していたこともあります。ジャポニズムに影響を受けたタウトは、達磨寺に「ICH LIEVE DIE JAPANISCHE KULTUR」(私は日本の文化を愛す)という言葉を残しており、碑として伝わっています。

7.群馬県護国神社

「群馬県護国神社」は、毎年初詣やご祈願に多くの参拝客が訪れる高崎市随一の神社です。群馬県護国神社のおすすめシーズンは4月。一本桜が満開になり見事ですよ!観光の際には、参拝とあわせてこの桜もぜひ見ていただきたいですね。

8.高崎市役所展望ロビー

高崎市役所21階には、高崎の市街地を一望できる展望ロビーがあります。遠くには高崎のシンボル、高崎白衣大観音の姿も見ることができますよ。日中の展望も良いものですが、特に夜景がオススメです。高崎市街地の灯りが一面にひろがって、とてもロマンチックなのでデートに訪れるカップルもたくさんいます。

同じフロアにはレストラン「アートマルシェ」があり、そちらで食べることのできる美味しいお料理には、群馬や高崎の農産物が使われています。カップルシートもあるので、こちらもデートにオススメですよ。展望ロビーは市役所なので入場は無料、平日の朝8時半から夜22時まで空いています。

9.群馬県立近代美術館

群馬県立近代美術館のコレクションは、群馬県にゆかりのある画家の作品をはじめ、国内外の作品を収蔵しています。その数、約1,900点。コレクション展示のほか、企画展や特別展示も行われているので、どんな展示がされているのか確認してからお出かけするのも良いですね。

建物の設計は磯崎新氏によるもので、磯崎氏の作品を見るために訪れる建築好きな観光客もいます。美術館は群馬の森公園内にあります。お天気が良ければ公園散策するのも、高崎観光でのほっとしたひとときになりますよ。

10.高崎市山田かまち美術館

「山田かまち」をご存じでしょうか?山田かまちは、17歳という若さでこの世を去った高崎市を代表する芸術家です。彼の作品は、水彩画やクレヨン画などの美術的なものに加えて、詩歌といった文学的なものまであります。多彩ま芸術家として将来を期待されていましたが、事故によって命を落としてしました。

そんな「山田かまち」の生涯で生み出された作品が、「高崎市山田かまち美術館」に130点ほど展示されています。魅力的な作品が展示されているので、山田かまちのファンはもちろん、山田かまちを知らなかった人や美術品に興味がない人でも、充分に楽しむことができるでしょう。

11.ぐんまちゃんSHOP

2014年のゆるキャラグランプリにて、見事1位に輝いた群馬県のゆるキャラをご存知ですか?その名は「ぐんまちゃん」。ぐんまちゃんは群馬県の宣伝部長でもあり、群馬県のPR活動に全力を注いでいます。そんなぐんまちゃんグッズを購入できるのが、高崎駅にある「ぐんまちゃんSHOP」です。

店内には大人気のぬいぐるみはもちろんのこと、お土産にもぴったりなお菓子など数えきれないほどのぐんまちゃん関連グッズが!ぐんまちゃんが来店するイベントもあるので、日をあわせて観光に行ってみるのも良いですね。お店は、JR高崎駅東口の改札を出てすぐの場所にあります。観光途中に立ち寄るのもおすすめです。

◎まとめ

現在、再開発が行われている高崎駅周辺。大型の商業施設ができたり、「音楽の街」として発展させていくプロジェクトが進んでいたりと、さらに魅力ある観光スポットが増える予定です。高崎は首都圏からのアクセスも良いので、思い立ったら気軽に観光できるのが魅力。進化していく高崎の姿を眺めつつ、観光を楽しんでくださいね!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

高崎でおすすめの記事

高崎のアクセスランキング