これぞ黒島!黒島を訪れるならぜひ抑えておきたい、おすすめグルメ5選

画像出典:yasushi uesugi / PIXTA(ピクスタ)

ハートアイランドという可愛い名前がついた島が日本にあることをご存じですか?それは沖縄県八重山郡にある黒島という島。なぜハートアイランドと呼ばれるかというと、その名のとおり島の形がハートに似ているから。

黒島の特徴は、島の形だけではありません。黒島には、美味しいものだってたくさん!例えば、八重山そば。さらに、ヤシガニをふんだんに使用したヤシガニそばなども有名です。もちろん南国ならではのフルーツから搾ったミックスジュースやかき氷など、デザートもおすすめ。そんな沖縄地方の島メニューが食べられる食堂のほか、黒島でしか食べられないメニューもしっかり出てくるお食事処7選を紹介します。

[x] 閉じる

これぞ黒島!黒島を訪れるならぜひ抑えておきたい、おすすめグルメ5選:目次

1. パーラー あ~ちゃん

「パーラーあ~ちゃん」には、隣接する「民宿あ~ちゃん」があり、その民宿の宿泊客が利用するお食事処。ここを、一般のお客さんが食堂として利用することもできます。民宿のスタッフの方が採ってきた新鮮な食材が、美味しい料理に早変わり!

ヤシガニそばは、1日の食数が限定されているようなので、これを目当てに訪れるなら要注意。また近海で採れた新鮮な刺し身は、海に浮かぶ島ならではの贅沢ですね。黒島ならではのオリジナリティあふれるメニューを食べれば、あなたきっと虜に!黒島の港からはちょっと離れた場所に位置しているので、レンタルサイクルを利用すると便利です。

2. うんどうや

「うんどうや」といえば、とにかくヤシガニそば。店のスタッフが心を込めて手作りしたヤシガニそばを食べるには、予約が必要。しかも一日の数が限定されているので、特にハイシーズンなどに訪れるなら早めに予約を!裏を返せば、それほど手間ひまかけて作ってくれているのですね。

フェリー乗り場から自転車で15分ぐらいの場所にあり、黒島灯台へと向かう道の途中にあるので、歩いていくのはちょっと大変かもしれません。そのため、サイクリング中に寄る計画を立ててみても面白いかもしれませんね!

3. イコノマ

壁には60年代の黒島の写真が飾られており、入った瞬間にとっても雰囲気が良く感じるカフェ、それが「イコノマ」です。中には、黒島に行ったときには必ず寄る!というリピーターもいるほど。小浜港の目の前にあり、テラス席もあるため、黒島を訪れた人を最初に楽しませてくれるようなお店となっています。主なメニューはカレーやトースト。他には、フルーツシェイクなどの軽食やコーヒーを注文することができます。

4. ハートらんど

「ハートらんど」は、黒島港のすぐ近くにあるお店。もともとは地元の人たちが、この海岸で休憩したり港で船を待っていている間に、食べたり飲んだりして時間をつぶしたい!という要望があり、できたお店とのこと。

地元の人たちが集まる場所でなら、地元ならではの話が聞け、また他では手に入らない情報もあるかもしれませんね。グルメを楽しむだけではなく、可能性が沢山広がっているお店、それが「ハートらんど」なのです。

5. 南見家(ぱいみや)

黒島の人気ビーチの1つである仲本ビーチ近辺にあるのが「南見家」。実はここは、食事処というよりも売店。仲本ビーチの近くなので、海岸がすぐそこに広がっています。仲本ビーチで目いっぱい遊んでお腹が空いたときに、すぐ利用できるお店、それが「南見家」なのです。カップラーメンなどの軽食をセルフサービスで食べることができます。島内まで移動することなく空腹を満たしたいときは、この店で決まり。

◎まとめ

いかがでしたか?良い旅には、やっぱり美味しい料理が欠かせませんよね。ハートランド黒島にも、こんなにたくさんのグルメスポットがあるんです!知らずに行って損をするよりも、事前にしっかりと計画を立てておき、ぜひ、黒島ならではの美味しい食事を、黒島ならではの風景の中で召し上がってみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の沖縄行き格安航空券

沖縄でおすすめの記事

沖縄のアクセスランキング