日野市といえば新撰組!心をくすぐるおすすめの観光スポット19選

画像出典:すってぃ / PIXTA(ピクスタ)

東京都とは思えないほど豊富な緑と清流で知られる日野市は、都心から30分でアクセスできる多摩地方南部の街です。前身となる「日野宿」は甲州街道5番目の宿場町として栄え、今のその名残を街中に見ることができます。日野市といえば、新撰組の副長・土方歳三や六番隊組長・井上源三郎たちの出身地でもあり、彼らのファンにとってはもはや聖地! 街中で新撰組の羽織を目にすることも少なくありません。

そこで今回は「新撰組のふるさと」として街興しを行っている日野市で、おすすめの観光スポットを19ヶ所ご紹介します。 彼らにさほど興味がない方も、これを見れば日野市まで観光に行ってみたくなるかも?

[x] 閉じる

日野市といえば新撰組!心をくすぐるおすすめの観光スポット19選:目次

1.新選組のふるさと歴史館

まず最初にご紹介するのは、新撰組好きや歴史好きにはたまらない観光スポット! 日野市神明にある「新選組のふるさと歴史館」では新撰組の誕生から終幕までを取り上げた常設展示と、新撰組にまつわるさまざまな特別展を開催しています。

さらに新撰組の衣装を着て写真撮影が行えるコーナーも充実しており、気軽に隊士気分を味わうことが可能。 各種衣装のほか、斎藤一が使用していたとされる「鬼神丸国重(きじんまるくにしげ)」や坂本龍馬の銃といった小道具も用意されているので、かなり本格的な記念写真が撮れますよ!

新撰組を題材としたアニメの人気も手伝って、女性観光客の姿が多い「新選組のふるさと歴史館」。日野市にきたら絶対に押さえておきたい観光スポットのひとつです。

2.土方歳三資料館

次にご紹介する観光スポットも、新撰組ファンなら足を運ばずにはいられません! 土方歳三の生家でその子孫が営んでいるというこちらの資料館は、「鬼の副長」として知られる土方歳三に関する70点以上の資料や遺品を目にすることができる日野市石田の観光スポットです。

中でも注目していただきたい展示品が、土方歳三の愛刀「和泉守兼定」。日野市の指定有形文化財でもあるこちらの刀身は、毎年彼の命日前後に期間限定で公開されるとのこと。土方歳三と運命を共にしてきたといっても過言ではないその刀身は、一見の価値ありですよ!

観光時のアクセスに関しては、多摩都市モノレール「万願寺駅」を利用すると便利。歩いておよそ5分で来館できますよ。

3.石田寺

日野市石田にある石田寺(せきでんじ)も、新撰組副長・土方歳三とゆかりのある観光スポットのひとつ。過去に一度廃寺となりましたが、1544年の多摩川大洪水で十一面観音像が流れ着いたことにより再興したお寺です。

境内には日野市の天然記念物になっている樹齢400年以上のカヤの木や、観音像が祀られている向観音、土方歳三義豊之碑などがみられます。それらも見応えはありますが、多くの観光客のお目当てはやはり土方歳三墓所。「歳進院殿誠山義豊大居士(さいしんいんせいざんぎほうだいこじ)」という戒名が刻まれた墓石には、年間を通して絶えず花が供えられています。それだけ今も彼は多くの方に愛され続けているんですね。

日野市まで観光にきたらぜひ手を合わせに、石田寺まで足を運んでみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の日野行き格安航空券

日野でおすすめの記事

日野のアクセスランキング