目新しさと旨さを兼ね備えた銀杏製品がイチ押し!愛知県稲沢市のお土産

画像出典:asula / PIXTA(ピクスタ)

目新しさと旨さを兼ね備えた銀杏製品がイチ押し!愛知県稲沢市のお土産

稲沢市は愛知県の北西部にある町。植木や苗木の産地として広く知られています。稲沢市は豊かな自然が特徴的ですが、大都市名古屋へのアクセスにも優れ、ベッドタウンとしても栄えています。そんな稲沢市は独自の魅力を持った特産品も多く、高い評価を得ているお土産もあります。そこで今回は愛知県稲沢市でおすすめのお土産をご紹介します。

目次

目新しさと旨さを兼ね備えた銀杏製品がイチ押し!愛知県稲沢市のお土産

1. ぎんなん春秋

ぎんなん春秋は稲沢市で長年愛され続けている和菓子。全国一の銀杏産地としても知られる稲沢市祖父江町縁の品です。サクサクの最中生地の中には、小豆と銀杏をブレンドした餡がたっぷり。銀杏ならではの風味が豊かで滋味深い味わい。お茶請けに便利です。

ぎんなん春秋は稲沢市の老舗和菓子店「松月堂」購入できます。稲沢市にある森上駅からは徒歩1分と近いので、稲沢市に訪れたときはぜひ足を運んでみてください。

2. なおい最中

なおい最中は稲沢市で幅広く親しまれている定番のお土産。パリッとした食感が自慢の生地の中に餡がたっぷり入っています。餡に使われているのは厳選された丹羽春日大納言のみ。上質な小豆ならではの風味と上品な味わいが特徴で、生地との相性も抜群です。稲沢市の有名観光スポット、国府宮神社のご神宝である大鳴鈴の形を模していて、霊験あらたかな佇まいも人気の秘密。そんな「なおい最中」は、松屋長春で購入できます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

稲沢市でおすすめの記事

稲沢市のアクセスランキング