ディープな大阪を満喫!新世界の老舗に外国人も喜ぶお土産5選

画像出典:www.istockphoto.com

ディープな大阪を満喫!新世界の老舗に外国人も喜ぶお土産5選

新世界といえば、通天閣を中心に大阪の中でもかなりディープな場所といわれています。最近は、外国人観光客も多くやってくる観光名所になり、そのディープさは少し影をひそめているかもしれません。でも、コテコテの大阪・新世界はまだまだ健在。昔ながらのお土産から、外国人も大喜びするお土産まで、新世界のお土産をご紹介します。

目次

[x] 閉じる

ディープな大阪を満喫!新世界の老舗に外国人も喜ぶお土産5選

1.釣鐘もなか

老舗の和菓子店「釣鐘屋本舗」は、新世界の通天閣のすぐそばにあります。釣り鐘の形をしたお饅頭や焼き菓子、最中など明治33年の創業当時から変わらない味をつくり続けています。そして、新世界を代表するお土産としても、変わらぬ人気を集めています。

釣り鐘の形の最中に北海道産の大納言小豆を使った餡、そして求肥(ぎゅうひ)が入った「釣鐘もなか」は、どこかほっとするおいしさ。1つから購入でき、お土産、ご贈答に適した箱入りのものもあります。他にも、かわいいきんちゃく袋にはいった「なにわびょうたん」、バナナがはいった「バナナてぃすと」などアイデアいっぱいのお菓子も人気です。

2.なんでやねんTシャツ

大阪弁で一番知られている言葉といえば「なんでやねん」ですね。この「なんでやねん」をTシャツにしてしまいました。あの「よしもと」が運営する「ココモよってぇ屋 新世界店」の中にあるOSAKA STYLEには、大阪のあらゆるものをキーワードにしたTシャツなどが販売されています。

このなんでやねんTシャツは、着ものを来た女の子が猫にむかって「なんでやねん」と突っ込みを入れている何とも言えないシチュエーションで描かれています。新世界のお土産にコテコテ大阪弁Tシャツはいかがでしょうか。

3.天王寺動物園の動物グッズ

新世界には、天王寺動物園もあります。広い敷地内には、天王寺公園、茶臼山、大阪市立美術館などがあり、週末になれば多くの家族連れでにぎわっています。新世界からは、天王寺動物園の新世界ゲートから入園できますよ。入園は有料です。

天王寺動物園では動物たちのぬいぐるみや缶バッチなどがお土産として人気です。レッサーパンダやウサギが可愛らしく、子供たちや女性にも好評です。動物たちの写真立てもありますので、お土産にもぴったりですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

大阪市でおすすめの記事

大阪市のアクセスランキング