滋賀県長浜市で伝統の銘菓とグルメをお土産に!オススメの4品を紹介

画像出典:Kyoww (CC BY-SA 3.0)

滋賀県長浜市で伝統の銘菓とグルメをお土産に!オススメの4品を紹介

琵琶湖の北東部に広がる長浜市。旧市街にある伝統的な建造物を活かした観光スポット「黒壁スクエア」が人気を集めています。そんな長浜市にはいったいどんなお土産品があるのでしょう?今回ご紹介するのは選りすぐりのお土産品の4選です。

目次

滋賀県長浜市で伝統の銘菓とグルメをお土産に!オススメの4品を紹介

1.芋平の芋きんつば

長浜で人気の観光スポット「黒壁スクエア」で行列ができる店、「芋平」。黒壁スクエア内に2店舗を構えています。高貴芋、種子島芋、紅隼人芋、安納芋の4種類のお芋を使ったさつま芋の「金つば」が美味しいと口コミで広がり、店頭で焼き立てを食べる人、お土産用にたくさん買う人で賑わっています。

釜の上で一つ一つていねいに焼き上げている姿を見ながら、まずは焼き立てをいただきましょう!実はお芋は、ビタミン、ミネラル、繊維質たっぷりのヘルシーな食品なんですよ。賞味期限は4日あるので、お土産にできますね。

2.菊水飴

「菊水飴」は長浜市余呉町の名産として江戸時代から親しまれているお菓子。「菊水飴本舗」は旧北国街道にあり、江戸時代から旅人の疲れをいやす飴を作ってきた老舗です。菊水飴の材料は麦芽糖と、水飴のみで砂糖や添加物は一切不使用です。

蓋を開けると白く泡立った飴が登場しますので、付属の棒でくるくるっと巻き付けていただきましょう。砂糖の甘さとは違う麦芽の甘さがを味わってください。昔ながらの飴のやさしい味に、癒されることでしょう。

滋養にも富んでいるので病中病後の補助栄養食品としてもおススメです。優しい甘さなのでのど飴代わりにもいいですね。実店舗以外に湖北地方の道の駅でも販売していますよ。ちょっと珍しいお土産にいかがですか?

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

長浜市でおすすめの記事

長浜市のアクセスランキング