日本三景・天橋立で有名な京都府宮津市で買いたいお土産

画像出典:bee / PIXTA(ピクスタ)

日本三景・天橋立で有名な京都府宮津市で買いたいお土産

京都北部にある宮津市は若狭湾に面した美しい港町。日本三景の一つ「天橋立(あまのはしだて)」があり、毎年200万人以上の観光客が訪れます。天橋立神社や天橋立海水浴場、阿蘇の船屋など見どころも多く、宿泊施設や温泉も満載。

自然に恵まれた宮津市には、海産物や伝統的な和菓子など美味しい物がたくさんありますが、今回はそんな宮津市を訪れた時に選びたいお土産を紹介します。ぜひお土産選びの参考にしてください。

目次

日本三景・天橋立で有名な京都府宮津市で買いたいお土産

1.智恵の餅

天橋立の名物菓子と言えば、真っ先に名前があがるのが「智恵の餅」です。知恵を授かる仏様「文殊菩薩」がまつられている智恩寺文殊堂の山門に並ぶ4つの茶屋、「文殊荘 勘七茶屋」「吉野茶屋」「彦兵衛茶屋」「ちとせ茶屋」で出されているお菓子で、この4軒のみが販売を許されています。

4軒それぞれで少しずつ味が違うのですが、ベース親指大の小さなお餅にあんこをのせたもの。柔らかなお餅に、しっとり甘いあんこがマッチして絶品です。甘い物好きな方は、はしごをして食べ比べてみてはいかがでしょうか。気に入ったお店の物をお土産にどうぞ。食べると知恵を授かるといわれているので、子供のいる家庭へのお土産におすすめです。

2.天の橋立印オイルサーディン

宮津で知らない人はいない、美味しいと評判なのが竹中缶詰の「天の橋立印オイルサーディン」。新鮮なとれたてのイワシを1尾ずつ素早く処理をし、伝統的な油漬け方法で缶詰にしています。天の橋立のイワシは金樽イワシと呼ばれていて、脂がたっぷりのった極上物。缶詰とは思えない程の身の美しさと上品な味が人気の秘密です。

上質の油を使っているので、イワシのエキスが入った油もお料理に使えます。和食はもちろんですが、パスタにも良く合うと評判ですよ。他にもホタテ貝柱や牡蠣のオイル漬け、はたはたなどもあり、オシャレなパッケージなのでちょっとしたお土産にピッタリ。特にお料理好きな方には喜ばれること間違いありません。土産店や大型スーパーなどで簡単に購入できますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

宮津でおすすめの記事

宮津のアクセスランキング