地元の人が薦める茨城県龍ヶ崎市の人気のお土産4選

画像出典:彩玲/photolibrary

龍ヶ崎市は茨城県南部に位置する市です。JR常磐線の佐貫(さぬき)駅からバスでアクセスできます。昔から農業の盛んな地域ですが、都心にもアクセスがいいことからベットタウンとして発展して来ました。そんな龍ヶ崎市を訪れた際には、地元自慢のお土産を買って帰りたいですね!ここでは、地元の人が推薦するお土産を紹介しましょう!ぜひお気に入りのお土産を見つけてください。

[x] 閉じる

地元の人が薦める茨城県龍ヶ崎市の人気のお土産4選:目次

1. カガミクリスタル

カガミクリスタルは1934年に日本で初のクリスタルガラス専門工場として創立されました。以来、熟達した技術、洗練されたデザインのクリスタル製品は高い評価を得ており、贈答品として好まれています。特に江戸時代から続く日本の伝統工芸である江戸切子の製品はたいへん美しく、プレゼントにぴったりです。

高価なものなので簡単なお土産というわけにはいきませんが、大切な人へのお土産や記念日の贈り物におすすめです。龍ヶ崎市にある工場では工場見学をすることができ、ガラスの形成や切子を作る行程を見ることができます。また、資料館ではクリスタルガラスの第一人者、各務鑛三の数々の作品が展示されています。龍ヶ崎市に来たら、ぜひお立ちより下さい。

2. とむとむのコーヒー

「とむとむ」は龍ヶ崎市にあるコーヒー専門店です。自前のコーヒー農園で栽培された、こだわりのコーヒーを販売していて、コクのあるコーヒーはたいへん美味しいとコーヒー通にも人気。また、世界のスペシャルティコーヒーを好みに合わせて焙煎してくれます。コーヒーが好きな人へのお土産にぴったりですね!

茨城県南地域を中心に5店舗を展開していて、どのお店もカフェが併設されています。こだわりのコーヒーのほか、サンドイッチやパスタ、ケーキなどのメニューがありランチやティータイムにもおすすめ。お土産を選びながら、ゆったりと過ごすことができます。龍ヶ崎市に来たら、ぜひこのこだわりのコーヒーを味わってみてください!

3. 鍵林のせんべい

鍵林(かぎりん)は龍ヶ崎市で有名なお煎餅屋さん。民芸調のお店には、自家製のお煎餅が所せましと並んでいて迷ってしまいそうです。お土産には茨城産のコシヒカリを使って作った「浮かれかっぱ」や茨城産の上質米を使った「つくまい」がおすすめ。あっさりとした味付け、パリッとした食感は幅広い年齢層の人に好まれています。

また、いろいろなお煎餅を少量ずつ詰合せた「くっつき合い」も手土産に喜ばれています。小さな袋に海苔、梅、昆布、塩、しょうゆなど鍵林自慢のお煎餅が入っているので、会社へのお土産にもおすすめです。龍ヶ崎市に来たら、ぜひお立ち寄りください。

4. アルブルの焼き菓子

アルブルは龍ヶ崎市で人気の洋菓子店。お店にはケーキや焼き菓子がたくさん並んでいます。どれもとても美味しいのですが、お土産には龍ヶ崎名物のピーナツサブレがおすすめ。茨城県の名産であるピーナッツを使った焼き菓子は、サクッとしたおいしさ。かわいいパッケージもお土産にぴったりです。

また、お店にはマドレーヌ、フィナンシェ、クッキー、ガレットなどたくさんの焼き菓子が並んでいます。クリーム羊羹はこしあん、おいも、ショコラ、かぼちゃ、黒ゴマと種類も多く、お土産には5本セットがおすすめ。龍ヶ崎のお土産とした「カッパスフレ」も、そのネーミングのかわいさから人気となっています。

◎まとめ

茨城県龍ヶ崎市のお土産を紹介しましたが、いかがでしたか?河童にちなんだサブレや自家農園で作るコーヒーなど、龍ヶ崎市にはおいしいものがたくさんあります。また、全国的に有名なカガミクリスタルの製品もお土産に素敵ですね!この記事を参考に、龍ヶ崎市に来たらぜひ素敵なお土産をお求めください!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

龍ヶ崎でおすすめの記事

龍ヶ崎のアクセスランキング