愛媛に東北の文化!伊達宇和島藩の歴史と共に見る、宇和島市のお祭り3選!

画像出典:cotaro70s

愛媛に東北の文化!伊達宇和島藩の歴史と共に見る、宇和島市のお祭り3選!

GoToキャンペーンバナー

愛媛県宇和島市といえば伊達宇和島藩10万石の城下町。宇和島城は藤堂高虎が築城しましたが、城下町が形成されたのは伊達家の入封からのことです。この宇和島市と伊達家は深い関係にあるのです。

この伊達家の影響が宇和島市のお祭りにも及んでいます。宇和島市のお祭り、どのようなものがあるのでしょうか?

目次

愛媛に東北の文化!伊達宇和島藩の歴史と共に見る、宇和島市のお祭り3選!

1.うわじま牛鬼まつり

和霊(われい)神社は、宇和島伊達家に仕えて暗殺された山家清兵衛を祀った神社です。この和霊神社の例祭と併せて行われるのが「うわじま牛鬼まつり」で、毎年7月に開催されています。

牛鬼の伝承は西日本各地にありますが、愛媛県の宇和島市周辺では、山車として牛鬼が登場します。加藤清正の朝鮮出兵時に使った亀甲車が伝わったという説、伊予の人が牛鬼を退治したという伝説、諸説残されていますがはっきりとしたことは判りません。ただ、一つ言えることはこの牛鬼が祭りの主役ということです。

牛鬼は竹で組まれた胴体、頭と尾で構成され、白もしくは赤や黒の布を被せてあります。お祭りではこの頭と尾を激しく動かし、回転させて気勢をあげます。

毎年7月の22日〜24日「うわじま牛鬼まつり」では、何体もの牛鬼が長い首を振り、尾を動かして町を練り歩きます。宇和島市内の「牛鬼ストリート」は大勢の観光客で賑わい。24日には闘牛大会も行われますのでこちらも要注目です!

2.宇和津彦神社秋祭り

宇和津彦神社は宇和島の古社です。創建年代は不明なれど古くからの文書に記録があります。また伊達秀宗が分家されて入封されて以降、代々の宇和島藩主が厚く信仰したとされています。

この「宇和津彦神社の秋祭り」は毎年10月29日に行われます。この祭りのメインは「八ツ鹿踊り」と呼ばれる舞い。

変声期前の少年8人が鹿の頭の面をつけ、胸の太鼓を叩きながら踊ります。この八ツ鹿踊り、元は仙台伊達藩の領地に伝わる「鹿踊」がルーツとのこと。伊達秀宗の入封と共に伝わった模様です。ただし、本家の鹿踊は剣舞などがある雄壮なものであったのに対して、宇和島のものは優美で和やかなものになっています。八ツ鹿踊りは後に支藩となった伊予吉田藩にも伝えられたと言われています。

秋祭り前日の宵宮では牛鬼、八ツ鹿、獅子舞等が舞を納めます。29日の秋祭り当日は宇和津彦神社から御旅所まで子の牛鬼、親の牛鬼、八ツ鹿、巫女、天狗などが練り歩き、処々で舞を披露します。

当時の国替えは、お殿様と家来だけでなく、町人に至るまで、かなりの人口が移動したと言います。宇和島と遠く遠く離れていた仙台の文化が合わさった宇和島の秋祭りに、人々が故郷を思う歴史を垣間見るようです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

宇和島でおすすめの記事

宇和島のアクセスランキング